2008年07月20日

食器を買いました

tocbl.jpg 日曜日ですが「ヤブロググルメ情報」を臨時で掲載します。

 昨日新宿のタイムズスクェア内の映画館で「山桜」を観てきた話を書きましたが、映画館を出るとついつい高島屋の中を見てしまいますよね。そしたら食器のバーゲンをやってました。食器だけではなく、全館バーゲン中なんですけどね。

 料理をおいしく食べるには食器の役割も重要ですね。私は食器集めもけっこう好きです。和食器であれば、魯山人作だの乾山作だのとか、○○焼きの銘品とか、洋食器であれば、ウェッジウッドとかロイヤルコペンハーゲンとかマイセンとか、あるいはバカラのグラスであるとか、そりゃあ手に入れば嬉しいですけど、おいそれと買えるものではないので、名もない安物で、しかも心惹かれたものを買うようにしています。

 高価な食器は割るのが怖くてあまり日常には使えませんが、安物だとその点安心して使え、使っているうちにますます愛着が深まるということがあります。

 この日は3種類の食器を買ってしまいました。まずはナルミ製陶のマグカップです。形が気に入ったのと、縁の部分の模様の柄と彩りが気に入ってしまいました。もちろん値段も。1個500円(税別)でした。

p_narumi1.jpgp_narumi2.jpg

 次はダンスクの大皿(直径27cm)です。ダンスクといってもタイ製で、ロイヤル・ダンスクとは書いてありません。洋食にも和食にも使えそうなので5枚買ってしまいました。カーキ色の縁取りの白いお皿のように見えますが、ちょっとクリーム色がかっていて、全体に細かい地模様があります。この模様の感じが和食にも使えそうだと思ったんです。1枚1,200円(税別)でした。

p_dansk1.jpgp_dansk3.jpg

 最後はちょっと奮発してローゼンタールの大皿(直径33cm)です。1枚5,000円(税別)でした。細かい浮き彫り模様のあるよく見かけるヤツですが、このサイズはテーブルの真ん中に置くと映えるだろうと思って買ってしまいました。

p_rosentahal1.jpgp_rosenthal2.jpg

 食器だけ見てもどうということはない、やっぱり食器は食べ物をのせてこそナンボのものになるんですね。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。