2008年08月08日

第49期王位戦第4局

1-2-1.jpg 金曜日はプロ棋戦の日。なぜなら将棋の勝敗は「金(かな)」駒(金と銀)で決まることが多いから。

 今日は8月6日・7日(昨日)の2日間に渡って戦われた深浦康市王位対羽生善治名人の第49期王位戦第4局についてです。第4局の主催は西日本新聞社で長崎県佐世保市で開催されました。これまでの成績は深浦王位が2勝1敗と一歩リード。第1局の棋譜は7月18日に、第2局の棋譜は7月25日に、第3局の棋譜は8月2日に掲載してあります。

 で、本来ならここで棋譜再生画面が登場するのですが、本局の棋譜はどうやっても再生画面に変換することができませんでした。王位戦七番勝負は新聞6社の共催で、1局毎に主催社が変わり、その都度ネット中継のシステムが変わるので棋譜変換が難しかったのですが、本局だけはどうやっても変換できませんでした。私のパソコン能力を上回っていました。

 本局の結果はと言いますと、後手の羽生名人が一手損角換わりを選択、先手の深浦王位が早繰り銀で対抗、これに対して羽生名人が腰掛け銀で迎え撃つ戦型となりましたが、本局先手番の深浦王位が123手で本局を制し、成績を3勝1敗とし、初防衛に王手をかけました。

 第4局が開催された佐世保市は深浦王位の地元で、深浦王位は故郷で錦を飾ったことになります。

 王位戦第5局は8月26日(火)・27日(水)の2日間に渡って、徳島県徳島市で開催されます。第5局の主催は徳島新聞社となります。なるべく変換しやすいシステムでネット中継してくれることを祈っています。


posted by YABOO!JAPAN at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログプロ棋戦速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。