2008年09月30日

江戸川グルメ4(燕京坊一之江店)

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 今週はまた「歩いて行ける江戸川グルメ」(こども診療所からですけど)です。環七の一之江陸橋側道沿いにある燕京坊一之江店です。このサイトに値段付きのメニューが載っていますから、今日写真でご紹介する料理の値段を見てください。リーズナブルです。

enkyo01.jpg 話はそれますが、私は「リーズナブル」という英語は「この品物でこの値段だったら納得できる」という意味だと思っていました。ですから高い値段のものでも、それだけの価値があるものであれば、「リーズナブル」だと思っていました。ところが先日、相棒が観ていた英会話のテレビ番組で「値段が安い」という表現で、cheapというと安物という意味、reasonableは値段が安くてもしっかりしたものという意味と言っていたのです。ですからこの店のリーズナブルは「安くてうまい」という意味です。

 では早速メニューをご紹介しましょう。

enkyo02.jpgenkyo03.jpgenkyo04.jpg

 左から、ホタテ大根サラダ、棒々鶏、空心菜炒めです。この野菜炒めはサイトのメニューには載っていません。

enkyo12.jpg ところで、青と金の縁取りのしてあるお皿をよ〜〜く見てください。RHRとイニシャルが書いてあります。これってリーガロイヤルホテルのロゴなんですよね。右の写真はリーガロイヤルホテルのサイトから小さな写真を拡大して持ってきたものなんですが、そっくりでしょう。最初にこの皿を見たときは「この店ってリーガロイヤルの系列なのか?!」とビックリしましたが、友人にいわせるとこういう食器ってどこででも手に入るんだそうです。

enkyo05.jpg 左の写真はデキャンタ入りの紹興酒ですが、紹興酒のびんごとデ〜ンと持ってこられるよりもこうやってデキャンタで出てくる方が趣がありますよね。そこへもってきてリーガロイヤルのお皿ですからね。なんか高級中華料理店で食事してる気になってきます。

 では、次のメニューに進みましょう。左から海鮮おこげ(これが意外と高い)、小籠包、ジャージャン麺です。小籠包はもうちょっと(というかかなりもっと)ジューシーさが欲しいところでした。でも189円で3個ですからね。しかたないといえばしかたないのですが、この一品だけはcheapでしたね。この店ではジャージャン麺というようですが、普通はジャージャー麺ですよね。

enkyo06.jpgenkyo07.jpgenkyo08.jpg

 さて次は、左から中国本場つけ麺、ちまき、デザートの杏仁豆腐です。杏仁豆腐は汁気の全くない、他の店では見たことのない変わったものでした。でも味のほうはreasonableでした。

enkyo09.jpgenkyo10.jpgenkyo11.jpg

 以上9品目(全部一皿ずつ)。それに紹興酒(これが一番高くて1,680円)と生ビール2杯(サービスタイムで半額でした)を飲んで、二人でしめて7,067円也でした。紹興酒飲まなきゃ5,387円ですからね。味も満足、おなかも満腹でした。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。