2008年09月04日

二枚落ち:4回戦「またもや新手」

shogismallnail.jpg木曜日は将棋の日。なぜなら将棋盤も駒も「木」でできているから。

 平成20年8月28日。二枚落ち4回戦@将棋会館です。

 では早速先週のビギナーズセミナーの詰め将棋と、天野三段対私の二枚落ち第4回戦の棋譜再生をご覧ください。

 まず先週の詰め将棋です。左側がみんなで考える大盤の3手詰め。右側が私専用のナント!11手詰めです。今回の大盤はまた3手詰めに戻りました。私のほうは11手詰めですが、これって詰め将棋の本によく出てくるんですね。手数のわりにはやさしいんです。

 正解は棋譜再生画面のあとに掲載してあります。

0814-3tsume.jpg0814-11tsume.jpg

 では棋譜再生です。盤面操作でわからないことがあったら、この文の末尾にある緑色の《ヘルプ》の文字をクリックしてください。ヘルプ画面が開きます。《ヘルプ》

<拡大表示>

 今回は詰みまで行きました。詰まされたのが私、というのが残念ですが、最後まで行くと勝っても負けてもなんとなく気持ちは落ち着きますね。

 では、上手の45手目△6二銀の場合の正解手順をご覧ください。

<拡大表示>

 下手の48手目▲4三歩に対して△同歩なら▲同銀成りで即OK。▲4三歩に対してたとえば△8五桂などと下手のこの歩に手抜きをすれば▲4二歩成り△同金▲4三銀成りでOK。この棋譜再生画面の△3一銀以外は▲4三銀成りが実現すれば優勢になるそうです。

 では、詰め将棋の正解です。まずはみんなの3手詰めから。

 ▲4二金△同玉▲4一飛成りまでの3手詰めでした。2手目△2一玉と飛車を取る手は▲1一歩成りまたは▲1一角成りでやはり3手で詰みます。5手詰めに比べるとやはり3手詰めはやさしいですね。

 次に個人用11手詰めです。左右対称なのでどちらか片側だけで考えます。香車が5枚あれば初手▲5二香から玉が逃げた頭に香車を打っていって詰みますが、4枚しかないのでどこで角を使うかがポイントの問題です。仮に初手▲4二角と打ったとします。△6一玉と逃げてくれれば詰みますが、△4一玉と逃げられると▲3二歩成り△同玉▲3三香。△2一玉と逃げてくれれば頭に香車を打って駒余りで詰みますが、△4一玉だと▲3二香成り△同玉▲3三香△4一玉の繰り返しで結局詰みません。初手は▲5二香しかありません。玉がどちらに逃げても同じです。▲5二香に対して玉が△4一玉と逃げた方で考えます。左右対称なので△6一玉でも詰ませ方は同じです。3手目に▲3二角と角を使います。5手目や7手目では詰みません。4手目△3一玉に5手目▲2一角成りとします。ここ▲4一角成りでは詰みません。逃げれば早詰みの取る一手で△2一同玉に▲2二香(7手)。ここまで来ればどうやっても詰むのですが、玉方はできるだけ長手数となるよう対応するという詰め将棋のルールに従って△3一玉に▲3二香(9手)として△4一玉に▲4二香で11手詰めとなります。好手・妙手というのがないので一手ずつ試していけば正解に辿り着けます。私も自力で解きました。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ将棋教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。