2008年09月11日

二枚落ち:5回戦「毎回が勉強です」

shogismallnail.jpg木曜日は将棋の日。なぜなら将棋盤も駒も「木」でできているから。

 平成20年9月4日(木)。二枚落ち5回戦@将棋会館です。

 この日は前の用事が長引いて遅刻をしてしまったため、詰め将棋はすでに終わっていました。それで、今日は指導対局の棋譜再生だけです。

 では早速天野三段対私の二枚落ち第5回戦の棋譜再生をご覧ください。

 棋譜再生です。盤面操作でわからないことがあったら、この文の末尾にある緑色の《ヘルプ》の文字をクリックしてください。ヘルプ画面が開きます。《ヘルプ》

<拡大表示>

 今回も詰みまで行きました。そしてやはりというか何というか詰まされたのも私、というのが残念ですが、うろ覚えの手を指したんだからしょうがないですね。

 では、上手の37手目△5五歩の場合の正解手順をご覧ください。

<拡大表示>

 上手の37手目(すでに△6五歩が突かれている)での△5五歩に対しては、右銀でこの5五歩を狙っていきます。もっと早い段階だったら(まだ△6五歩が突かれていない)左銀を上がり、右銀との協力でこの歩を攻める、とにかく△5五歩止めにはこの歩を狙っていくのが基本だそうです。

 では次に、上手に一手だけ「こう指してくれれば」という条件を付ければ私が大逆転で勝利をおさめるという手順をご覧ください。もちろん私が見つけたわけではありません。先生があとで教えてくれたんです。

<拡大表示>


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ将棋教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。