2008年09月12日

羽生名人が渡辺竜王に挑戦

1-2-1.jpg 金曜日はプロ棋戦の日。なぜなら将棋の勝敗は「金(かな)」駒(金と銀)で決まることが多いから。

 渡辺 明竜王への挑戦者を決める第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負の第3局が今日東京千駄ヶ谷の将棋会館で行われました。振り駒の結果、木村一基八段の先手、羽生善治名人の後手で、午前10時に対局が開始され、途中昼食休憩と夕食休憩をはさんで180手の長手数の激闘の末、午後11時18分木村八段が投了し、羽生名人が渡辺竜王に挑戦することが決まりました。まずはその棋譜をご覧ください。

 棋譜再生です。盤面操作でわからないことがあったら、この文の末尾にある緑色の《ヘルプ》の文字をクリックしてください。ヘルプ画面が開きます。《ヘルプ》

<拡大表示>

 途中木村八段優勢の声も聞かれましたが、羽生名人が盛り返し挑戦権を獲得しました。これで、現在四冠の羽生名人は、最終局にもつれこんだ王位戦、この竜王戦、そして現在予選で勝ち残っている棋王戦と、今年度中に七冠を達成する可能性が残されていることになります。

 また、竜王位の永世称号についていえば、4連覇中の渡辺竜王が防衛すれば連続5期という規定により初の永世竜王に、羽生名人が奪取すれば通算7期という規定によりやはり初の永世竜王に就位することになります。どちらが勝っても初の永世竜王が誕生するわけです。

 第21期竜王戦七番勝負第1局は来月10月18日と19日の両日、フランスのル・メリディアン・エトワールで開催されます。この竜王戦の第1局は毎年海外で開催されることが恒例になっています。楽しみですね。


posted by YABOO!JAPAN at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログプロ棋戦速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。