2008年09月18日

ボクの飛車が死んだ

shogismallnail.jpg木曜日は将棋の日。なぜなら将棋盤も駒も「木」でできているから。

 平成20年9月11日(木)。二枚落ち6回戦@将棋会館です。

0911-5.jpg この日も遅刻をしてしまい、みんなの詰め将棋の正解発表の時に到着しました。それで私専用の詰め将棋はなしです。みんなの詰め将棋は5手詰めでした。正解は棋譜再生のあとに掲載してあります。

 では天野三段対私の二枚落ち第6回戦の棋譜再生をご覧ください。

 棋譜再生です。盤面操作でわからないことがあったら、この文の末尾にある緑色の《ヘルプ》の文字をクリックしてください。ヘルプ画面が開きます。《ヘルプ》

<拡大表示>

 今回も詰みまで行きました。そして詰まされたのが私、というのも同じですが、序盤で飛車を取られてしまった割にはがんばれたと満足しています。先生に「100点満点」と褒められたあたりは、先生が次にどんな手を指してくるか大体わかったんです。そしてその通りに進みました。

 では、上手9手目の△5五歩に対する正しい応対をご覧ください。

<拡大表示>

 では次に、下手38手目の▲5六香に代わる▲5四馬の手順をご覧ください。

<拡大表示>

 それでは詰め将棋の正解です。▲4二角左成る△2三玉▲1四飛成る△同玉▲2四馬までの5手詰めでした。初手は▲3一飛成るか▲4二角右成るか▲4二角左成るかのどれかですが、飛車と右角での王手は逃げられてしまうことがすぐわかります。▲4二角左成るに対して△2三玉はここしかありません。ここで▲2四馬の王手は△3二玉と逃げられ、▲4二馬△2三玉の王手の千日手になってしまい負けになります。3手目の▲1四飛成るが妙手で△同玉の一手に今度は▲2四馬で逃げられません。


ラベル:将棋 二枚落ち
posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ将棋教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。