2008年09月17日

第56期王座戦第2局(木村対羽生)

1-2-1.jpg 今回から新しく「プロ棋戦速報」というカテゴリーを作りました。

 そして今日お届けするのは、つい1時間ほど前に終局した第56期王座戦第2局の棋譜再生です。

 16連覇中の羽生王座(名人を含む四冠)に木村一基八段が挑戦するこの棋戦は、羽生王座1勝の後を受けて、兵庫県で開催されました。王座戦は持ち時間5時間の1日制で、本局は木村八段の先手、羽生四冠の後手で始まりました。  

 棋譜再生です。この棋譜は、とても長いコメントが多く、次のヘルプ画面に書いてあるコメントの移動のようにやってもうまくコメントが動いてくれないことがあります。すべてのコメントが読めないこともありますがご了承ください。

 盤面操作でわからないことがあったら、この文の末尾にある緑色の《ヘルプ》の文字をクリックしてください。ヘルプ画面が開きます。《ヘルプ》

<拡大表示>

 竜王戦挑戦者決定三番勝負の第3局同様、途中木村八段優勢の声も聞かれましたが、羽生名人が盛り返して2連勝。17連覇に王手をかけました。

 しかし、コメントによると木村八段は2回も勝ちを見逃していたようで、この辺が羽生四冠の目に見えない威圧感なのかもしれません。


posted by YABOO!JAPAN at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログプロ棋戦速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。