2008年10月21日

帝国ホテルの結婚式

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 今週は左のトック・ブロンシュに恥じない久々のフレンチ・フルコースです。場所は帝国ホテル。グルメと呼ぶにふさわしいシチュエーションでした。現在の帝国ホテルの総料理長は田中健一郎さんという方ですが、トックの写真を見ていると今は亡き村上信夫元総料理長の面影が浮かんできますね。

imp01.jpg 一昨日の10月19日(日)、こども診療所がスペースをお借りしている彦新ビルのオーナーのご長男の結婚披露宴に、同じ彦新ビルで歯科医院を開業なさっている西村先生共々お招きを受けて参列して参りました。場所は帝国ホテルの富士の間、入り口に右の写真のような立派な富士山のtタペストリーが額に入って飾ってありました。

imp02.jpg 富士の間というのは帝国ホテルの宴会場の中でも一番広いのではないでしょうか。招待客約300人という豪華絢爛、盛大な結婚披露宴でした。天井のシャンデリアも心なしかものすごく立派でした。

 新郎新婦のお写真も掲載したいところですが、肖像権の問題もありますので、グルメ情報らしく当日のお料理だけをご紹介します。

imp03.jpgimp04.jpg
 まずは冷製と温製、2種類のオードブルからスタートです。左が冷製の「鮑、鮪、スモークサーモンの彩りサラダ仕立て ブロッコリーソースと一緒に」、右が温製の「フォアグラのポワレと鴨の燻製 トリュフソースとともに」。これらを乾杯で使ったシャンパン「ゴッセ エクスランス ブリュ」でいただきます。

imp05.jpg
 スープは「アーティチョークのクリームスープ ジロル茸と一緒に」。いつものように写真を撮る前につい一口すすってしまいました。

imp06.jpg
 続いて魚介類のお料理は、「オマール海老のロースト 季節の野菜をちりばめて」。合わせる白ワインは「コート ド ボーヌ レ ピエール ブランシュ」。

imp07.jpg
 メインディッシュともいうべき肉料理は、「特撰和牛サーロイン肉のローストビーフ ヨークシャープディングと一緒に」。合わせる赤ワインは「ヴュー シャトー ド タンブリエ」。

imp08.jpgimp09.jpg
 パンは4種類。もちろん全部食べました。

imp10.jpgimp11.jpg
 デザートとフルーツです。「グラスに盛った木苺とシトラス香るジュレ ヴァニラアイスクリームとフルーツを添えて」と「特撰メロン」

imp12.jpg
 そして最後にコーヒーとそれについてきたプティフールです。プティフールはテーブルにこの一皿だけなので、私が写真を撮る前に他のお客様が1個召し上がってしまいました。決して私ではありません。

 と、至福の時を過ごしてふと我に返ったとき、「ああ、あの血のにじむようなダイエットはなんだったのか?きっとこの日のメニューを心おきなく食べるためだったんだ」と心の中でつぶやく私でした。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。