2008年11月26日

究極の母子像

dukunbali.jpg 今日ご紹介するヤブログコレクションは、久々にインドネシアの母子像です。決して最近入手したわけではないのですが、実際に母と子の姿がないのでご紹介するのを忘れていました。

 「母と子の姿がないのになんで母子像なの?」と思われるのも当然です。赤ちゃんはまだお母さんのおなかの中なんです。バリ島の昔の伝統的なお産の情景を像にしたもので、そんじょそこらでは手に入りません。当時インドネシアに住んでいた友人が、15年ぐらい前にやっとこさ見つけてプレゼントしてくれたものです。究極の母子像です。(像の高さ=31cm)

 お母さんの背中をさすっているのはバリ島の伝統的産婆で、昔は男(老人)がこの役を担っていたそうです。ですから正確に言うと産婆ではなく産爺です。

 この像のオリジナルはインドネシア家族計画庁の玄関ロビーに飾ってあって、その像ではすでに赤ちゃんの頭が少し出た瞬間を捉えています。さすがに市中ではそのような生々しい像は売れなかったんでしょうね。

 それにしてもこのすごいレアものを見つけてくれた友人に感謝です。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。