2008年11月28日

ローカル線で房総半島横断

金曜日は鉄道の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

boso00.jpg 23日(日)に養老渓谷へ紅葉狩りに行った記事はすでに掲載しましたが、養老渓谷駅のある小湊鐵道とその次の駅の上総中野から大原まで延びるいすみ鉄道は、東京近郊にあるローカル線としてはつとに有名で、この両鉄道を乗り継ぐと房総半島を横断できるのです。紅葉狩りを利用してローカル線で房総半島を横断しようというのがもう一つの目的でした。

boso01.jpg 総武線から内房線直通の特急「新宿さざなみ」で内房線五井駅で下車します。跨線橋を渡ったその先にお目当ての小湊鐵道のディーゼルカーが見えています。ディーゼルカーというより気動車と呼ぶのがふさわしいいでたちの4両編成です。

boso02.jpg 「さざなみ」が遠く走り去ると気動車4両編成の全容が見えてきました。この日は養老渓谷もみじ祭が開催され、多くの人出が予想されることから最長編成の4両編成ですが、通常は1両かせいぜい2両編成で運行されています。

boso11.jpg 小湊線のホームへ降りると、いすみ鉄道との共同企画である「房総横断記念乗車券」を売っていました。私達の目的にぴったりなので喜んで買いました。小湊鐵道の上総舞鶴駅といすみ鉄道の大多喜駅が関東の駅百選に認定されたのを記念して発売したもののようです。

 五井駅(JR内房線に接続)から大原駅(JR外房線に接続)までの片道乗車券で、発売当日限り有効の1,600円でした。普通記念乗車券というと写真入りのが多いと思いますが、何とも古き佳き時代を感じさせるローカル色豊かな記念乗車券でした。

boso03.jpg 機関区(客車区っていうのかな?それとも気動車区?)には通常の1両編成(1両でも編成っていうのかね?)または2両編成の気動車(キハ200系)が並んで出番を待っています。

 下の4枚の写真が私達の乗り込んだキハ203です。

boso04.jpgboso05.jpg

boso06.jpgboso07.jpg

 五井から上総中野まで快走(?)するはずです。ダイジョブカイネ?なんと!昭和36年の製造です。

 定刻通り4両に増結したにもかかわらず超満員の乗客を乗せた夢の(?)ディーゼル列車は気動車特有のうなり声を上げ、気動車特有の匂いを客室内に充満させながら五井駅を発車しました。

 小湊鐵道の駅は4両編成用に造られていないので、途中駅では前の2両しか扉が開きませんでした。

 沿線では珍しい4両編成を撮影しようという鉄道ファンの姿がチラホラ。

 とにもかくにも約1時間の旅のあと、養老渓谷駅に到着しました。ここからあとは24日に掲載した紅葉狩りの記事をご覧ください。

 そして、道路の大渋滞に翻弄され、養老渓谷駅に戻ったのは予定を1時間も過ぎていました。やってきた下り列車でおとなりの上総中野駅に向かいましたが、上総中野駅に着いたときにはあたりはもう真っ暗。暗い駅構内ではいすみ鉄道の車両を撮影しようもなく、やむなく終点の大原駅で撮影したのが下の2枚の写真です。

boso09.jpgboso10.jpg

boso12.jpg 実は、こんなことになろうとは想像もしていなかったので、大原から外房線→京葉線経由で帰りの特急指定席券を買っておいたのです。右の写真が無駄になってしまった「わかしお26号」の特急指定席券です。大原駅で払い戻しができないか訊いてみたら、「指定席券の払い戻しはありません。自由席特急券として使うことはできます。」との答え。その日の特急はまだある時間でしたが、それまで待つ気も失せ、大原から上総一ノ宮まで外房線普通列車、上総一ノ宮から総武線直通の久里浜行き快速電車に乗り換えて帰って参りました。

 ローカル線で房総半島横断という目的は達成したものの、うれしさ半減の鉄道の旅でした。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。