2014年11月29日

赤ちゃんの肌はしっとりすべすべ?

hatena.jpg 子育て真っ最中の皆さん!毎日お疲れ様です。

 ちっとも言うことを聞いてくれない赤ちゃんやちびっ子に振り回される毎日だとお察し申し上げます。

 子育ての中で、「わざわざ医者に訊きに行くまでのこともないけどなんか気になる」・・・そんなことはありませんか?「世間ではこう言うけどホントかしら?」そんな疑問にお答えします。コメント欄に記入して送信してください。できればタイトルもおつけ下さい。そのタイトルでこのページにお答えを掲載いたします。

《ご注意》
コメント欄はこのブログのトップからアクセスすると出てきません。必ず「最近の記事」の中から1つの記事を選んでアクセスし直してください。他のカテゴリのどんな記事のコメント欄でも大丈夫です。どの記事のコメント欄から送信しても、このブログのコメント受信欄は1つの同じボックスになっています。


 お一人お一人のご相談・ご質問もお受けいたしますが、あまりにも個別的なことにはお答えできません。ただご質問のタイトルとごく簡単な回答だけの掲載になりますのでご了承ください。


 さて、下の3枚の写真は某サイトからの借り物(無断で)ですが、赤ちゃんのスキンケア用品とか紙おむつとか、とにかく赤ちゃんの肌にじかに触れるような商品の宣伝には、必ずこの写真のように全身ツルツル、シミも湿疹も発疹もない赤ちゃんが登場します。

baby1.jpgbaby2.jpgbaby3.jpg

 そして「赤ちゃんのお肌はしっとりすべすべ」な〜んてやるもんですから、皆さん赤ちゃんのお肌はしっとりすべすべだと信じていて、ほっぺに赤い斑点ができたとか、おでこに黄色いかさぶたみたいのがついたとか、胸がかさかさしてるとかを見つけるともう大変です。「しっとりすべすべじゃなくなっちゃった〜」といって医者のもとへ跳んでいくことになります。

 ところが実際には、生まれた直後から赤ちゃんの皮膚に出現する皮膚の症状として、病名だけ羅列しますが、新生児中毒性紅斑、新生児ざそう(にきび)、脂漏性湿疹、乳児湿疹、あせも、おむつかぶれ、などなど、いろんなものがあるのです。しかもここに並べたのは、病気というよりほとんどすべての子の皮膚に出る可能性のあるものばかりです。

 ですから赤ちゃんの皮膚については「赤ちゃんの肌はしっとりすべすべ」ではなくて「赤ちゃんの肌で何にもできていない部分だけを見ればしっとりすべすべ」というのが正しいのです。

 上に掲示した写真の子達だって、撮影の日は全身すべすべに磨き上げたかもしれませんが、翌日からはどこかに何かはできていたと考えてください。

 赤ちゃんの肌には何か「疹」があって当たり前。その「疹」が赤ちゃんに痛い思いや痒い思いをさせていないかが大事です。痛くも痒くもない「疹」だったら、しばらく様子を見てもいいのではないでしょうか。

 おわかりいただけましたでしょうか。




posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てハテナ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、こんにちは。
いつもブログ見ています。
先日、Eテレの子育て番組で
《赤ちゃんの頃に動物園に連れて行くと、
免疫がつく》
というのはウソ!という話題がでていました。
番組に出ていた小児科の先生は、その迷信を聞いたことがないとおっしゃっていました。

けれども、私自身も周りのママ友もみんなその迷信を聞いたことがあり、信じていました!

子育て中のママの常識みたいになってるのが、
ウソだったというのもびっくりですが、
その小児科の先生が聞いたことがないというのも驚きました。

他にもこういった噂話や迷信を信じてるママも多いと思います。

これからもブログでいろいろと教えてください^_^
楽しみにしています。
Posted by ずんぱママ at 2014年11月29日 23:21
私も小児科医ですが、その迷信だか噂話を聞いたことがありません。

きっと無責任な誰かがネットに流した話がママ達の間に広まったのではないでしょうか?

その噂話の正確な内容も、Eテレで放送された内容もわかりませんが、近々この欄で私なりの考えを書いてみようと思います。

おもしろい(?)話題提供をありがとうございました。
Posted by YABOO!JAPAN at 2014年11月30日 13:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック