2008年12月16日

ビストロ・ド・ラ・ネージュ

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 今日はまさに火の欠かせないグルメをご紹介します。

table.jpg 火の欠かせないグルメって何でしょう?そうです。チーズ・フォンデュですね。ちょっと変わったチーズ・フォンデュを食べられるレストランがあります。店の名は「ビストロ・ド・ラ・ネージュ」。「雪」という意味のレストランです。

 幻のレストランで、どこにあるかは店の主人に招待された客にしかわかりません。店内の様子はこんな風になっています。今日はクリスマス風のテーブルコーディネートですね。クリスマスの夜にチーズフォンデュなんてムード満点ですね。テーブルが広くてゆったりと食事ができそうですね。

xmas.jpg では今夜のメニュー(クリスマス ディナー)をご紹介しましょう。

neige1.jpgneige2.jpg

 まずは、カナッペ・タプナードととグリーン・サラダです。カナッペのお皿はコストコで買ってきたものだそうです。サラダのお皿は中華風のような和風のような感じですが、ベトナムで買ってきた、れっきとしたフレンチのディナーセットだそうです。ベトナムは昔フランスの植民地でしたから、フランス風の文化が根付いているんですね。

neige3.jpg そして、クリスマスらしく、鶏もも肉のグリル・オレンジソース(温野菜添え)。お店のシェフは丸焼きをやりたかったらしいのですが、今まで作ったことがなく(ホントにシェフなの?)失敗をしたらお客様にお出しするものがなくなってしまうということで、無難な線におさまったようです。

neige4.jpgneige5.jpg

 そしていよいよ本日のメインディッシュ、チーズ・フォンデュ(土鍋仕立て)のはじまりはじまり〜。飛騨コンロの中では備長炭が真っ赤に(高温なので紫がかってますが)燃えさかっていますが、始めから飛騨コンロでチーズを溶かすととても時間がかかるので、最初はガスで土鍋に入れたチーズを溶かし、それを飛騨コンロの上に載せます。チーズはグリュエルとエメンタールのミックスです。この日は、パンだけでなく、ウインナソーセージやエビ、タイラガイ、ブロッコリ、ニンジンなんかも用意してあって、バラエティのある(フォンデュ・ブルギニヨン風)チーズ・フォンデュでした。

 飛騨コンロに土鍋を載せてフォンデュを楽しむというのがこの店のウリのようです。けっこうオシャレですよね。

neige6.jpg ひとしきりチーズフォンデュで遊びながら食事を楽しんだあとは、デザートのバウムクーヘン(生クリームとフルーツを添えて)です。これは自家製ではなく買ってきたものだそうです。

 とまあ、冬の一夜をフォンデュで楽しんで、心もからだも温まって帰ってきたのでした・・・となればいいのですが、そうはいかないのがこの幻のレストランで、このあとの片づけがこれまた大変なんですよ。店の名前はついてますが、自分ちにお客さんをお招きしただけの話ですからね。ネタバレしてしまえば。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。