2008年12月30日

下町グルメ:上野「鍋家」

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 冬の味覚の王様はなんといってもふぐですね。値段のほうも王様級なので、いつでもホイホイというわけにはいきませんが、相棒の誕生日には奮発してこの店に来るようになり、今年で3年目です。

nabeya01.jpg 店の名前は「鍋家」といいます。上野広小路の交差点からすぐですが、住所は文京区湯島になります。その名の通りいろんな種類の鍋料理がありますが、1年を通して営業していて、宮崎地鶏の焼き鳥もウリですし、刺身を筆頭に魚料理もおいしいです。

 ということは板前さんの腕がいいということなんですが、この店の板前さんは布袋様のような温和な顔をしていて、口数少なく、仕事はきっちりこなすという、板前の鑑みたいな人です。

 では早速本日のふぐ料理をご紹介します。

nabeya02.jpg スタートはふぐ刺しです。この日は残念ながら煮こごりがなかったのですが、煮こごりがあればそれがスターターになります。お皿の模様が透けて見えるぐらい薄くて、それでいてへりの部分がモッチリ厚くなっているというふぐ独特の切り方が、あの食感を生み出すんですね。

nabeya03.jpg 続いては、ふぐの白子焼きです。ふぐの白子は店によって焼き方が違うようですが、鍋家の白子は直火で焼いてあって、皮はパリパリ中はホックリの食感がたまりません。アイスクリーム用のスプーンですくって食べるところも面白いといえば面白いのですが、箸ではすくえないぐらい身は柔らかいんです。いつでもあるというわけにいかないので、予約のときに必ず「ふぐの白子を用意しておいてください」とお願いしています。一度予約しないで行ったら白子がなくてガックリきたことがあったので、必ず予約しておくようにしました。

 もちろん、ふぐといえばひれ酒ですね。日本酒を沸騰させるわけですから、熱くてすぐには持てません。そこでこの店の茶碗には袴がついています。こんな気配りが嬉しいですね。

nabeya04.jpg そしてふぐの唐揚げです。ふぐは味が淡白ですから、コロモに適当に塩味がつけてあります。レモンをかけて食べると、コロモとふぐの味のハーモニーがたまりませんね。シシトウをかじりながら食べるとこれがまたうまいんですよ。

nabeya05.jpg そしていよいよふぐのちり鍋です。これで二人前です。すごいボリュームですが、私達にかかったらぺろりです。

 まず昆布の入った鍋の水を沸騰させます。そして一煮立ちさせてからふぐのぶつ切りを入れます。野菜やキノコ・豆腐などを入れてさらに一煮立ちさせれば、はい!出来上がり。

nabeya06.jpgnabeya07.jpgnabeya08.jpg

 ちり鍋をぺろりと平らげたら、ふぐ雑炊です。私はちり鍋よりもこのふぐ雑炊のほうが好きで、雑炊を食べるためにしかたなくちり鍋を注文しているみたいなところがあります。しかたなくといいながら食べっぷりはすごいんですけど・・・。

 ダシだけが残った鍋に白飯を入れて、あくをすくいながら好みの柔らかさになるまでぐつぐつと煮込みます。ここぞというときに卵を割り入れて火を止めます。三つ葉を散らして蓋をしたいところですが、残念ながら蓋はついていません。はい!どうぞ召し上がれ。

nabeya09.jpgnabeya10.jpgnabeya11.jpg

nabeya12.jpg 私達二人によって完璧に食い尽くされた鍋の底です。ひしゃくで鍋底をこするようにすくって食べた跡もくっきりとついていて、私達のさもしい根性が見え見えです。

 で、最後にはお金を払わなければならないわけですが、さすがにこれだけ食べるとかなりな額になります。一人前で約15,000円。これに酒代がプラスです。

 ふぐ以外でちょっと一杯ひっかけてお茶漬けでしめる程度なら4〜5,000円ですむお店なので、やっぱりふぐは冬の味覚の王様ですね。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。