2009年06月19日

平地走行の列車

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

 ウスイスアルペン鉄道の幹線を走る登山列車にはかなり入れ込みましたが、平地列車は手持ちの車両で間に合わせようという安易な態度です。でもいざ候補を選ぶとなるといろいろと迷ったり悩んだりしてしまいます。

 現在候補に挙がっている列車を一通りご覧下さい。

uswiss010.jpguswiss011.jpguswiss012.jpguswiss013.jpg

 左から、サンタランド鉄道でも有名だった、JR飯田線を走っていたトロッコ列車。観光列車としては一番人気です。牽引するのはフリーランスのDB。小型軽量なので坂道は苦手ですが平地ならトロッコ列車を牽引できそうです。

 次は、今まで公開走行をしたことのない秘蔵っ子。ニューヨークセントラル鉄道の 0-C-0 サドルタンクロコとアメリカ型クラシック客車。パワーは心配ないのですが、ミニカーブレールを曲がりきれるかということと、このなかなか渋い客車が、スイスの雰囲気になじむかどうかというところです。

 その次は、これまたサンタランド鉄道でも走ったことのある南部縦貫鉄道のレールバス達です。単機運転が基本ですが、連結も可能なので2両編成か、場合によっては4両編成にしてしまおうかというところです。

 一番右側のタンクロコは私の一番のお気に入りです。"ピッコロ"というニックネームがついていました。きっと実物は甲高い音の汽笛を鳴らして走っていたんでしょうね。このSLもサンタランド鉄道を少しだけ走ったことがあります。このSLには機関車トーマスに出てくる郵便車を牽かせようと思います。平地路線は観光路線であると同時に生活路線でもあるという設定です。

 どれもこれもぜひ走らせてみたい車両ばかりです。ま、その日の気分で選ぶことになるでしょうね。でも、往復運転ですから箱形のレールバスが一番無難かなとは思ってるんですけどね・・・。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。