2009年06月25日

江戸川区で2件目の新型インフルエンザ

edogawa.gif
 昨日6月24日、江戸川区で2件目となる新型インフルエンザの感染者が確認されたと江戸川保健所から報告がありました。

 確認された感染者の概要をお知らせします。

 感染者はハワイから帰国したご家族4名です。6月21日に帰国し、22日頃発熱、23日に発熱外来を受診し、24日、東京都健康安全研究センターにおいて遺伝子検査を実施したところ、新型インフルエンザであると確認されました。感染者の容態は安定しており、現在自宅療養中とのことです。

 またかっ!と思われた方が多いと思います。感染予防になお一層の注意が必要なのはもちろんですが、このご家族も22日にこのブログでお知らせしたオーストラリア帰りのご夫婦同様一次感染者ですから、前回同様江戸川区内で二次感染者が出るか出ないかが問題だということをご理解ください。

 21日に帰国してから江戸川区内に居住する誰かと接触し、その誰かが新型インフルエンザにかかったとき(二次感染)が、本当の意味での新型インフルエンザとの闘いになるのです。

 江戸川保健所では当然このご家族の帰国後の足取りをたどり、接触者の割り出しを行っているはずですが、新型インフルエンザの最長潜伏期間である発症後1週間、つまり29日までに江戸川区内で二次感染者が発生しなければ江戸川区内でのパンデミックは避けられるとお考えください。

 あせって特別なことはしなくても大丈夫です。今までやってきたことを確実に実行して感染の拡大を予防してください。


posted by YABOO!JAPAN at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカルニュース江戸川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。