2009年07月21日

六本木ヒルズの居酒屋

rokuzo01.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 と、書き始めてここにはいつもならコックさんがかぶるトック・ブロンシェの写真が掲載されるのですが、今日の写真は六本木ヒルズです。せい高帽子ならぬせい高ビルです。

 初めて六本木ヒルズに行ってきました。行った先はウエストウォーク5階にある居酒屋六蔵です。ここで大学時代のクラブの同期会が開かれたのですが、この店が選ばれた理由は簡単です。経済学部を卒業した同期の友人が定年でそれまでの会社を辞め、この居酒屋の親会社ワンダーテーブルの監査役として再就職し、彼と一緒に行けば25%OFFで飲み食いできるからです。セコ〜!

rokuzo02.jpgrokuzo03.jpgrokuzo04.jpg

 ま、それはともかく、さすが六本木ヒルズですから、居酒屋とは言っても店構えが違います(写真左)。箸袋は居酒屋風でしたけどね(写真中)。通されたのは吹き抜けに面した座敷風の席で、高さ30cmほどの低い椅子席になっていました。吹き抜けの向こうの店の様子がよく見えます(写真右)。

rokuzo05.jpg と、なんとなく高級感漂う店でしたが、さすが居酒屋。ホッピーが置いてありました。実は私はこのホッピーという飲み物の存在は40年以上前から知ってはいたのですが、いまだかつて飲んだことがなかったのです。六本木でホッピーといういわばミスマッチがうれしくて早速飲んでみました。飲んでみて、特に感動はなかったですけどね。

rokuzo09.jpg 六本木ヒルズの中だから競争が激しいんでしょうね。うまいものを安く提供するというのは当然でしょうが、私たちが行った日にはたまたまマグロの解体ショーというのをやっていて、客の目の前でマグロをさばいて、切り取った部分を希望の客のテーブルに出すというサービス(もちろん有料ですけど)をやっていました。中には「これが目当てでやってきた」と言っているグループもいました。私たちは見るだけでしたけど・・・。

rokuzo06.jpgrokuzo07.jpgrokuzo08.jpg

 居酒屋ですから刺身・焼き物・煮物と適当に頼んで飲み食いしましたが、その中でちょっと変わったメニューだけ写真に撮ってきました。左からモツ料理、明太味のうどん、高菜の焼き飯(石焼ビビンバみたいでした)です。

 大いに飲んで食べて、25%OFFですから一人当たり約4,500円。普通に払ったら6,000円ぐらいですかね。これに味をしめて、次回はワンダーテーブルの別の店での再会を約束してみんなと別れてきたのでした。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。