2009年08月25日

涙の餃子(紅虎餃子房)

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 夏休み中にハリーポッターを観た帰り、紅虎餃子房銀座店へ行ってきました。フランチャイズの中華料理屋でいたるところにありますが、映画館から一番近かったのと、やはり夏休み中にお呼ばれで伺った相棒のお友達の家で聞いたエピソードが記憶に残っていたからです。

benitora1.jpg どんなエピソードかというと、やはりその日一緒にお呼ばれしたお友達が現在のご主人との恋愛中、二人の仲に大きなトラブルがあり破綻の危機に瀕し、相棒はじめ仲間の方達とこの店に来てオイオイ泣きながら餃子を食べたというものです。

 で、その「涙の餃子」を是非味わってみたいと思って行ってみたわけです。

benitora2.jpg これが「涙の餃子」です。鉄板の上でジュージュー音を立てて出てきます。私的にはもうチョット焼いて皮にしっかりこげ目がついているほうが好みです。猫舌の私はタレにたっぷり漬けて少しさまさないと食べられません。皮は柔らかいけどしっかりパリパリでいい感じです。具はどこにでもある餃子という感じで、味もそのような味でした。

 その他に食べたメニューは下の写真左から春巻き、チンゲンサイのかにあんかけ、ビーフン炒めです。二人だとこれでもおなかいっぱいです。やはり中華料理は大人数で食べないと面白くないですね。

benitora3.jpgbenitora4.jpgbenitora5.jpg

 お味のほうはと言いますと、おいしいですけど、この店じゃないと、というほどの味ではありませんでした。どこにでもあるのでチョットした機会に餃子を食べてビールを飲んで帰って来るという感じの店でしょうか。


posted by YABOO!JAPAN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。