2009年09月10日

YABOO!JAPANの将棋入門(3)

komao.jpg 木曜日は将棋の日。なぜなら将棋の駒も将棋盤も「木」でできているから。

 いよいよ今日から実戦編です。ブログ上で実際に動かすことのできる盤面でお楽しみください。

 十枚落ちからスタートしますが、十枚落ちだけ盤面が実際の盤面と異なりますのでご注意・ご了承ください。どういうことかといいますと、盤面作成にはパソコン用将棋ソフトを使っています。このソフトには十枚落ちの設定があり、棋譜が正しく反映されるのですが、この盤面をブログ用に変換するソフトには十枚落ちの設定がないようなのです。色々試してみましたがどうしても十枚落ちを再現することができないので、八枚落ちの設定で十枚落ちの棋譜を入力しました。ですから盤面には上手の玉の両隣りに金が居座っていますが、これはいないものと見なしてください。実際の将棋盤で駒を動かすときはもちろん金を置かずに動かしてください。

takeichi.jpg 参考にした(というより丸写しにした)棋譜は以前ご紹介した武市三郎著「強くなる将棋 - これ一冊で驚くほど実力アップ -」(成美堂出版)の十枚落ちのページです。この本以外には十枚落ちについて解説してある本はありませんでした(私の知る範囲では、ですが)。

 盤面操作でわからないことがあったら、この文の末尾にある緑色の《ヘルプ》の文字をクリックしてください。ヘルプ画面が開きます。プリント可能ですが、用紙(ページ)設定を横長にしたほうが文字がやや大きくなります。《ヘルプ》

<拡大表示>

 いかがでしたか?駒落ち将棋(十枚落ち)の感覚がおわかりいただけたでしょうか?下手(お子さん)がある程度将棋を知っていて、戦いながら玉を追いつめていくという感覚を持っていたら、まず上手は勝てません。でも我慢して相手をしてあげてくださいね。

 では次に、12手目に▲3三角成ではなくて▲3三飛成だったらどうなるかというのをご覧ください。前の棋譜の感覚に合わせて私が考えた手順です。

<拡大表示>

 見事に決まりましたね。では今日はここまで。来週は同じ十枚落ちですが、将棋の感覚を磨く別の棋譜を何局かご紹介します。お楽しみに!


posted by YABOO!JAPAN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ将棋教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。