2009年09月15日

神田薮蕎麦

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 田舎で入院している実家の母を見舞った帰り、上野駅で新幹線を降りて秋葉原まで来て、いつもはそのまま都営新宿線の岩本町に向かうのですが、丁度昼時だったので、そばでも食べて帰ろうという気になりました。

yab07.jpg 淡路町にはおいしい蕎麦屋が2軒あって、どちらも秋葉原から歩いてそう遠くはありません。万世橋を渡って中央線のガードをくぐり、今は閉鎖となっている交通博物館の跡地を過ぎればもう淡路町です。

yab08.jpg 2軒のうち1軒は「まつや」といって、表通り(靖国通り)近くにあります。私はこちらの店のほうが好きなのですが、残念ながら日曜日はお休みでした。それでしかたなくもう1軒の店に行ったのですが、知名度からいえばこちらのほうが有名でしょうね。その名も神田薮蕎麦です。しかたなくなんて言ったら怒られるかもしれません。

 この界隈は奇跡的に戦災による焼失を免れた地域で、昔を偲ばせる古風な家並みの老舗が所々に見受けられます。下の写真は左から、あんこう鍋で有名な「いせ源」、とりすき焼きで有名な「ぼたん」、甘味処「竹むら」です。それぞれ歩いて数分ぐらいのところにあるんです。とくに「竹むらの揚げまんじゅう」はうまいんですよ。でも残念ながらこちらも日曜休業でした。

yab09.jpgyab10.jpgyab11.jpg

 さて肝腎の「薮蕎麦」ですが、こちらもやはりこんな門構え(写真下左)で、いい雰囲気出してますね。玄関から右の方(写真下中)に10人ぐらい座れる待合室があって、混んでいるときは順番待ちをします。でも蕎麦屋なので回転が速くせいぜい15分ぐらい待てば順番が回ってきます。玄関の左側(写真下右)がお店になっていて、店内は結構広いです。

yab01.jpgyab03.jpgyab02.jpg

 せっかちな私はそばが出てくるのも待てないので、シカタナクお銚子1本(800円)です。お酒には練り味噌が付いてきますが、それだけではチョット物足りなさそうなのでとろろ(大和芋をすったもの700円)を頼みました(写真下左)。そしてメインディッシュはせいろうそば(他の店ではせいろそばっていいますよね)。この店のそばはみどりがかっていますが、そばのもやしの青汁を混ぜるんだそうです(写真下中)。この店のせいろには傾斜が付いています。なんでだろう?そばの水気が流れやすいようにですかね?(写真下右)

yab04.jpgyab05.jpgyab06.jpg

 せいろうそば1枚(700円)では物足りなく、2枚をぺろりと平らげて帰ってきた私でした。お勘定はしめて2,900円でした。


posted by YABOO!JAPAN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。