2009年10月09日

ウスイスアルペン鉄道のシーナリー(4)

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

 今日はウスイスアルペン鉄道の山の上の駅をご紹介します。

eki41.jpgeki42.jpg

 山の上の駅は湖畔の駅の後ろの断崖絶壁の上にあります(写真左)。絶壁の端をヒヤヒヤしながら走ってきた登山列車の終着駅です。遥か下の方にウスイスの街並みを見下ろすことができます(写真右)。

eki43.jpgeki44.jpg

 今登山列車が到着するところです(写真左)。駅舎の後ろに見えているのはロープウェイの駅ですが、こちらは後日ご紹介いたします。右の写真は駅のアップ画像です。駅舎は何年か前の鉄道模型展でイギリス製の完成品を買ってきたものです。陶器製です。駅にはプラットフォームはなくて砂利を敷き詰めた簡素な駅です。


ラベル:鉄道模型
posted by YABOO!JAPAN at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生
いつも有益な情報ありがとうございます。

教えてください。
インフルエンザと診断された場合、
何日出席停止になるかなど、決まっているのでしょうか?
Posted by 六年生母です at 2009年10月11日 17:50
鉄道模型の記事でインフルエンザのコメントをいただいたのは初めてです(笑)。

新型インフルエンザの出席停止期間については9月5日の記事をご覧ください。「発熱の翌日から7日間」という厚生労働省の基準と「解熱後2日間(48時間)」という東京都教育委員会の基準とがあり、現場では混乱しています。

江戸川区医師会では会員医療機関に「学校においては東京都教育委員会の基準に合わせるよう」連絡をしましたが徹底されておらず、診断と治療を受けた医療機関の指示に従うしかないでしょう。

季節性インフルエンザの場合は「解熱後2日間(48時間)」で統一されていますが、一般の医療機関ではA型インフルエンザから先の検査(新型か季節性か)ができませんから、同じ医療機関でも基準が変わる可能性もあります。

こども診療所では学校や園の出席停止は新型も季節性も「解熱後2日間(48時間)」で統一しています。
Posted by YABOO!JAPAN at 2009年10月12日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。