2009年10月15日

YABOO!JAPANの将棋入門(8)

komao.jpg 木曜日は将棋の日。なぜなら将棋の駒も将棋盤も「木」でできているから。

 今回は、先週ご紹介した先崎学八段著の9筋端攻め戦法(こういう名前はないかもしれません)で下手が正しく指すとどうなるかという手順をご紹介します。

 まずは先週の手順を盤面で復習しましょう。

 盤面操作でわからないことがあったら、この文の末尾にある緑色の《ヘルプ》の文字をクリックしてください。ヘルプ画面が開きます。プリント可能ですが、用紙(ページ)設定を横長にしたほうが文字がやや大きくなります。《ヘルプ》

<拡大表示>

 では、20手目を下手が▲8二成香としたあとの展開をご覧ください。三曲続けてメドレーでどうぞ!じゃなかった、三局続けてご覧ください(先週と同じじゃん!)。私の対局の部分、コメントは入っていません。駒の動かし方の参考にしてください。

<拡大表示>

<拡大表示>

<拡大表示>

 いかがでしたか?やはり序盤で正しく指したほうが勝ちやすいですね。定跡というのはこの序盤を有利に導くための手順で、中盤以降はやはり自分で考えるしかありません。香ご紹介した手順も私が考えた手順ですから、もっといい手順がきっとあるんだと思います。

 次回は上手の意地悪についてご紹介します。お楽しみに!


ラベル:将棋
posted by YABOO!JAPAN at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ将棋教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。