2009年10月31日

さまよえる新型インフルエンザワクチン(2)

pvac.jpg 江戸川区では今年の6月22日に最初の新型インフルエンザの患者さんが確認されました。以来約4か月で、区内31の定点医療機関だけで累積報告数は3,500名に達しようとしています。こども診療所でもお子さんを中心にすでに何十人もの方がA型インフルエンザと診断され治療を受けられています。江戸川区全体ではすでに何万人という数の方がA型インフルエンザにかかっただろうと予測されます。

 流行の初期にはインフルエンザの診断がつくと引き続き遺伝子検査などで新型インフルエンザであることが確認されるようになっていましたが、流行の拡大にともなって遺伝子検査は行われなくなりました。

 一般の医療機関でA型インフルエンザと診断されれば、それは新型インフルエンザなのだという暗黙の了解となったからです。

《受けるべきか?受けざるべきか?》
 しかし厳密に言えば、一般の医療機関ではA型インフルエンザと診断はしたけれど、新型か季節性かの診断は行っていないわけで、この4か月の間にA型インフルエンザにかかってしまった方々が今直面しているのは、新型インフルエンザワクチンの接種を受けたほうがいいのか、それとも受けなくても大丈夫なのかという問題だと思います。

 まず原則論だけをお話しすれば、新型インフルエンザにすでにかかった方は短期間の免疫を獲得していますから、ウイルスがよほど大きな変異を遂げない限り、今季の予防接種は不要です。もっともウイルスが大きな変異を遂げてしまったら、現在のワクチンも無効になってしまいますから、条件なしで「新型インフルエンザにすでにかかった方は今季の予防接種は不要である」と申し上げていいでしょう。

 問題はかかったA型インフルエンザが新型だったのか季節性だったのかがわからないということです。

 今年の8月31日から10月25日までの間に東京都健康安全研究センターに持ち込まれた463検体のうち261検体でインフルエンザウイルスが検出され、そのうち季節性インフルエンザウイルスは1検体のみであったというデータが公表されています。260/261=0.99617、つまりこの時期にインフルエンザと診断された方の99.6%は新型インフルエンザであったという数字です。

 この数字を参考になさって、ご自分が、あるいはお子さんがかかったA型インフルエンザは新型だったのか季節性だったのかを判断していただくしかありません。

 また逆にこの数字はインフルエンザにかかった方が1,000人に達したらそのうちの4名は季節性インフルエンザだったという数字でもあります。数字だけでいえば、江戸川区で今年の6月22日以降インフルエンザにかかった約3.500名(定点医療機関からの報告のみ)の方の中に14名の季節性インフルエンザの患者さんがいらしった可能性があるということでもあります。江戸川区全体で単純計算すれば100名から150名程度の方が新型インフルエンザだったかもしれないのです。

 もしその中の一人だったら・・・!?

 と不安を感じた方は接種を受けたいと思われるでしょうが、その時に気になるのが副反応の問題でしょう。

 国産の新型インフルエンザワクチンは今まで何十年も季節性インフルエンザワクチンを製造してきた会社が今までと全く同じ製法で製造したものです。今までの季節性インフルエンザワクチンも、毎年ウイルス株が変わっていたわけですから、今回もウイルス株が新型インフルエンザウイルスに変わっただけと考えることができます。ですから理論的には今までのワクチン以上の副反応はないはずです。

 しかし、人間の体の中に入れる物質(薬品やワクチンなど)は使ってみないとわからないという面もあります。同じインフルエンザでいえば、使い始めには何もないと思われていたタミフルが「異常行動」という問題を引き起こしたことは記憶に新しいでしょう。

 というわけで、といっても結論の出せる問題ではないのですが、まったく個人的な感想としては、今年の6月以降にA型インフルエンザと診断された方にはあまり積極的に接種をお勧めしたくないなというのが私の本音です。


posted by YABOO!JAPAN at 19:41| Comment(3) | TrackBack(1) | こども診療所医学講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変勉強になります。まさにこのことで悩んでおりました。
5歳児が8月10日に発熱し、A型までは確認されたのですが季節性か新型かの検査はされず…。軽い喘息があるので予防接種を希望したのですが、かかりつけのお医者さんは8月以降A型にかかった人は受けなくても良いとのご意見で、接種は見合わせました。
しかしあれが季節性だったら、と思うとなんとも不安な気持ちになります。
Posted by たけ at 2009年11月17日 17:48
ご心配な気持ちはよく理解できますが、確かめる術のないことで、ご自分で決めてそれを信じるしかないのではないでしょうか?
Posted by YABOO!JAPAN at 2009年11月17日 19:11
そうですね。決めることはいつも難しいですが、後々フラついても仕方ないですね。
接種はせず、一般的な感染予防を励行しようと思います。
Posted by たけ at 2009年11月18日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

新型インフルエンザワクチン 予約
Excerpt: 新型インフルエンザワクチン・小さいお子さんがいらっしゃる方意見を聞かせて下さ... 新型インフルエンザワクチン・小さいお子さんがいらっしゃる方意見を聞かせて下さい。1歳半の子がいます。新型インフ..
Weblog: ザ・トレンド
Tracked: 2009-11-01 03:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。