2009年11月05日

新型インフル公費で接種!

edogawa.gif

 新型インフルエンザワクチンの江戸川区内での優先接種(医療従事者以外)が来週から始まります。年内に開始されるのは、基礎疾患をお持ちの方、1歳から小学校就学前のお子さん、小学校低学年のお子さん、小学校高学年のお子さんの4つのグループです。

 これらのグループに入っていて、以下の条件を満たす方は、江戸川区の公費で全額負担して予防接種を受けることができます。窓口での支払いはありません。

《公費で予防接種を受けられる方》
1.生活保護受給者の方
2.中国残留邦人等支援給付受給者の方
3.住民税非課税世帯の方

上の3つのどれかに該当する方で、生活保護か中国残留法人支援給付を受けておられる方は区役所生活援護課窓口(第一課、第一課葛西分室、第二課)で、住民税非課税の方は江戸川保健所または各健康サポートセンターでご相談ください。

 11・12月中にこども診療所で予防接種を受けられる方は基礎疾患の有無にかかわらず全員優先接種(年齢による)の対象です。予約をなさっていて上記の条件に該当する方は各窓口でご相談ください。

 該当者には無料の接種票が発行されますので、接種の際にはこども診療所からお送りする予診表ではなく、区の発行した接種票のほうに必要事項をご記入の上ご持参ください。

 また、接種票の発行よりも実際の接種のほうが先になってしまった場合でも接種票は発行されます。接種の際に一旦接種費用を窓口で頂戴しますが、区の接種票とこども診療所の領収書をお持ちいただければ返金いたします。

 この件についてはこれ以上の情報はありませんので、直接区のほうにお問い合わせください。


posted by YABOO!JAPAN at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ローカルニュース江戸川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもこっそり拝見させてもらっています。

1歳半の子がいるのですが、道を歩くと知らない人にまで「新型のワクチン打つ?」と聞かれるんでうんざりします。

ワクチンは輸入のものを使う予定ではなかったんですね・・・
予防接種は色々な説が本当に沢山ありますが、新型インフルエンザは反対の声をよく耳にします。

http://www.youtube.com/watch?v=vP2Jv83WX-w&feature=player_embedded

このような動画もありますが、先生はこういう陰謀説のようなものをどうお考えなんでしょうか。
アメリカでは反対の声が凄いとか・・
実際のところが見えてこないまま「陰謀説」だけを説かれても、すごく混乱してしまいます。
Posted by key at 2009年11月05日 16:27
こども診療所では、Hibワクチンの時もそうであったように、新型インフルエンザワクチンに関しても、自分のところで集めた情報を分析し、判断し、ブログで意見や感想を述べています。

インターネットからも情報は得ていますが、分析や判断は自分でしています。インターネットや世間でどのような情報が流されてもこども診療所の考えは一貫しています。

他の人が流した情報についてどう思うかと訊かれても「ブログで発表した意見がこども診療所の意見です」としかお答えのしようがありません。

どのワクチンでもそうですが、「出来る限りの情報はお知らせしますが、最終判断はご自分でなさってください」というのがこども診療所の変わらぬスタンスです。

現在、「さまよえる新型インフルエンザワクチン」というシリーズを掲載しています。誰が、どこで、どんな情報を流そうとも、こども診療所の考え方はこのシリーズでお伝えしていくつもりです。
Posted by YABOO!JAPAN at 2009年11月05日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。