2010年05月04日

マグロのブツ

cupid.jpgtocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 火曜日とはいっても連休中なのでピンと来ませんが、それでもやっぱり火曜日なんです。でも、今日ご紹介するお店に行って買い物をして、レシピを参考に料理を作ったのはおとといの日曜日。ですから今日はヤブロググルメ情報とヤブログサンデークッキングの豪華合併号です。

uotora1.jpg 錦糸町の南口駅前に「魚寅」という魚屋があります。知る人ぞ知るというより、「魚寅を知らずして錦糸町を歩く資格なし」というぐらい有名な店です。

uotora2.jpg 何がそんなに有名かというと、魚の種類が豊富でしかも安くて旨いからなんですが、なんといっても人気No.1はマグロのブツとタコのブツの量り売りです。いつ行っても行列が出来ています。

uotora4.jpg 100g単位でいくらでもという感じです。どんなに行列が長くても売り切れになったのを見たことがありません。値段はマグロが100g250円、タコが100g300円です。スーパーで買う値段よりメッチャ安いわけではありませんが、味は全然違います。

 味の違いはもちろんですが、この店のブツの特徴は大きいことです。そのままわさび醤油で食べる分には歯ごたえがあって問題ないのですが、マグロをヤマカケにすると大きすぎてとろろが貼り付いたみたいになってしまいます。

 それで、時間と心に余裕がある時はブツを小さめに切ってからヤマカケにしているのですが、今回はこの大きさに目を付けて、マグロのさいころステーキを作ってみようと思い立ったのです。

 今回参考にしたのはこちらです。クックパッドからカジキマグロステーキというレシピを選びました。魚寅のマグロブツはカジキではありませんが、たいした違いはないだろうということで採用しました。

 醤油と酒とみりんにニンニクスライスを入れたタレに漬けたマグロブツに片栗粉をまぶしてサラダ油で焼き、ネギをごま油で炒めたところに下味のタレをニンニクごと流し込んでネギソースを作り、焼いたマグロに大根おろしを載せ、ネギソースをかけ、最後にカイワレをトッピングするといういたって簡単レシピです。詳しくは上のリンクをご覧下さい。

uotora5.jpg クックパッドのレシピはカジキの切り身ですが、私が使ったのはマグロのブツです。下味のタレに2〜3時間漬け込む(冷蔵庫保存)と書いてありましたが、そのあとにくぐらすだけでもOK!だって。いったいどっちなんだ!
 
 左上の写真が使ったマグロブツですが、一緒に写っているのはティースプーンではありませんよ。大きい方のスプーンです。ブツの大きさがわかりますね。一応30分ほど漬け込んで冷蔵庫におきました。

uotora6.jpg 長ネギはいつでもあるはずだったのですが、どういうわけか使い切ってしまっていたので、ネギソースにはたまたま買ってあった太めの小ネギを使いました。ブツ1個1個が切り身より小さいので逆に長ネギよりよかったかもしれません。

uotora7.jpg 味の方は、つまみによし、おかずによしと、合格点でした。私はつまみにさえよければ合格点なんですけどね。

 このレシピの下味のタレ→ネギソース+大根おろし+カイワレはマグロといわず、鶏肉や場合によっては牛肉にも合うかも知れません。お試しください。




posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。