2010年05月29日

箱根の美術館(2)ラリック美術館

 箱根の美術館はしご、その第2弾はラリック美術館(写真下左)です。ルネ・ラリックは、エミール・ガレと並び称されるフランス、アール・ヌーボー時代を代表するガラス工芸家です。下の真ん中の写真はラリック美術館の玄関。右の写真はその扉の上に飾られたラリックの作品です。これは美術館の外にあるので撮影OKです。

lal_5.jpglal_7.jpglal_8.jpg

 ラリックの作品の特徴は室内装飾品からインテリアそのものまでもガラス工芸で制作しているという幅広い点にあります。そして、光の捉え方が実に天才的と言えます。むしろ光とともにあってこその彼の作品だと思います。

lal_1.jpglal_2.jpglal_3.jpg

 展示品の中で気に入った作品の絵はがき(上の写真)を買ってきました。左は亡き妻を偲んで作ったという香水瓶、中は「日本のリンゴの木」という名のスタンドですが、解説には「リンゴではなくボケだろう」と書いてありました。なるほど枝にはとげがついていました。右は泉の精メリトです。

 美術館のゲートから建物に向かう途中にクラシックカー(サンダーバードとT型フォード)が展示されています。不思議に思っていたら、ラリック作のカーマスコットが取り付けられているんですね。サンダーバード(左)には後ろに反り返っている裸婦像、T型フォード(中)には考える人がついています。サンダーバードのピラーガラスにも装飾が施されていましたが、これはラリックの作かどうかわかりません(右)。

lali2.jpglali3.jpglali1.jpg

 もう一つ、ラリック美術館にはこんな物も展示されていました。

lali5.jpglali4.jpg

 な、なんと!オリエント急行の1等食堂車(サロンカー)です。

lal_4.jpg パリ・イスタンブール間を実際に走っていた車両を譲り受けたものだそうですが、この夢のオリエント急行、そのサロンでお茶とケーキのサービスを受けることが出来ます。

 例によってへそ曲がりな私は、「観光地の客寄せ」のためにこんなことをしているんだろうと、愚かにも考えてしまったのですが、実はこのサロンのインテリアはすべてラリックの作品だったんだそうです。

 右の写真に写っているまさにその席とおぼしきテーブルで、相棒と二人で厳かにお茶をいただいて参りました。もちろん車内は撮影禁止、「お静かに」という注意まであって、まさに厳かなティータイムで思わず相棒と二人で笑ってしまいました。

 いずれにしても展示品の数は膨大で、今でも新しい作品を収集しているということです。ラリックが活躍したすべての分野の作品を見ることが出来るだろうと思います。




posted by YABOO!JAPAN at 21:29| Comment(0) | TrackBack(1) | こども診療所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150978289

この記事へのトラックバック

ラリック ガラス彫刻 ゴールデン・イーグル
Excerpt:   ラリック ガラス彫刻 ゴールデン・イーグル ( Lalique Golden Eagle Sculpture ) 優雅な気品と威厳に溢れたイーグルのガラスオブジェ。 曲線で構成されな優美なスタイル..
Weblog: CRAFTS DESIGN
Tracked: 2016-07-17 14:07