2010年06月26日

子宮頚癌予防ワクチン

edogawa.gif

 7月1日から江戸川区では子宮頚癌予防ワクチン接種の公費補助を開始します。

 平成22年度は中学生女子全員に接種票が郵送され、区内の指定医療機関で定められた期間内に3回接種を受けます。費用は無料(全額区が負担)です。来年度からは中学1年の女子全員に接種票が郵送されます。接種の受け方は今年度と同じです。

 また、現在20歳の女性の方には、区が半額負担する接種票が用意されますが、ご自分で健康サポートセンターに出向いて接種票の交付を受ける必要があります。21歳になる前々日までに1回目をスタートする必要があります。やはり3回接種です。費用は1回につき16,000円の半額で、毎回8,000円の自己負担となります。

 こども診療所ではすでにワクチンの用意をして接種開始に備えています。予約制です。20歳の女性の方の予約もお受けいたします。

 詳しいことは江戸川区のホームページをご覧ください。

 女子中学生の方はこちら →  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kurashi/kenko/shishunki/sgtyuugaku/index.html

 20歳の女性の方はこちら → http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kurashi/kenko/seijin/sgseijin/index.html

 子宮頚癌予防ワクチンそのものについての解説は、現在連載中の「肺炎球菌ワクチンのすべて」が終わり次第、ヤブログ予防接種講座のカテゴリで連載を始める予定です。



posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカルニュース江戸川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。