2010年08月26日

王位戦第5局:指し直しで広瀬勝つ

shogismallnail.jpg 第51期王位戦七番勝負第5局指し直し局は今日午前時分に終了したようです。私は今日の仕事に差し支えるので午前0時頃寝てしまいました。

 そして気になる勝敗の行方は・・・?

 120手までで後手番の広瀬六段の勝利となりました。指し直し局の再開から5時間10分。終局は今日の午前1時20分でした。短時間の勝負とは言え、今季王位戦で後手番が勝ったのは初めてです。初タイトルに王手をかけた広瀬六段は第6局は後手番になります。注目の第6局は9月1日・2日の両日神奈川県秦野市で行われます。

 千日手局・指し直し局ともに棋譜は無料の中継サイトでご覧になれます。王位戦の中継サイトはこちらです。どちらの対局をご覧になるかはリンク先のページで選択できるようになっています。

 ところで、指し直し局の持ち時間ですが、昨日の記事では「残り時間の少ない深浦王位を2時間にして、広瀬六段はそれより2分多く残していたため2時間2分」と中継サイト通りに書きましたが、日本将棋連盟のサイトに掲載された規定では、千日手局の残り時間が1時間未満の場合には少ない方を1時間にすると書いてありました。

rule.png


 タイトル戦は特別ルールなんでしょうかねexclamation&question




posted by YABOO!JAPAN at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログプロ棋戦速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。