2010年08月26日

スカイツリーに灯がともる

 8月25日は月齢15の日でした。「八月十五夜」というのは旧暦の8月、新暦では9月の満月のことですが、一応「8月15夜」(新暦風に洋数字で書いてみました)なので、ズームレンズの威力を試してみようと思ってカメラを用意しました。実際には午前2時40分頃が月齢15.0だったのですが、それは真夜中でしたから、朝・昼を通り過ぎて午後7時半頃撮影を始めました。

 と、玄関の外へ出ると、スカイツリーに灯がともっているではあ〜りませんか!

 満月のことは後回しで撮影したのが下の写真です。展望台に灯がともっているのが見えます。

skytree2.jpg

 カメラは高性能なのですが、腕のほうが超低性能で、フルオートマチック撮影しかできないものですから、まともな写真を撮るのに苦労しました。

 スカイツリーに焦点を当てて撮影すると、シャッタースピード7秒とかになって画像が真っ白になってしまいます。そこでもっと明るい被写体で光量を測定し、そのデータが消えないうちにツリーを撮影するという高度な(?)技法を使って撮影しました。上の写真がシャッタースピード3秒です。

 で、肝腎の満月はどうだったかと言いますと、ご覧の通りです。

fullmoon1.jpg

 トリミングで拡大してありますが、一応シャープに撮れてはいます。でも、シャッタースピードが長すぎるために月面の模様(ウサギの餅つき)が撮影できていません。もっと明るい被写体で焦点を合わせてという、スカイツリーの時の技法も、満月だと月がその辺で一番明るいので使えません。中秋の名月までにフルオートマチックで月を撮影する方法を見つけたいと思います。

 マニュアルで撮影しろ?ごもっともです。

 それはともかく、もう一つおまけにフルオートマチックで撮影した夕映えのスカイツリーをご覧ください。昼間の撮影ならフルオートマチックで十分なんですけどね。

skytree1.jpg

 ちなみに、8月21日現在でスカイツリーの高さは428mだそうです。




posted by YABOO!JAPAN at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。