2010年11月09日

銀座「天國」のかき揚げ丼

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 ついに4週連続のグルメ情報となってしまいました。その前の「いまここ」ワインを入れると実に5週連続です。本気でダイエットに取り組んでるのか自分でも疑問を感じます。疑問どころか体重は見事に事実を伝えてくれています。

 それはともかく、今週は天ぷらです。

 相棒が銀座のヤマハで楽譜を買うというのでついて行きました。銀座には天賞堂(時計ではなくて鉄道模型のほうです)とアップルストア(私のPCはMacです)があるので、自分に用がなくても相棒が銀座へ行くときは必ずついて行きます。

ten1.jpg 銀座4丁目のほうから見て、ヤマハのちょっと先に「天國」という老舗の天ぷら屋があります。自社ビルで階によってメニューが決まっているそうです。
 
 今回は相棒のリクエストで「かき揚げ丼」を食べるために1階のテーブル席に着きました。

 食べるものは決まっていたのですが一応メニューに目を通して、その目玉が飛び出しました。な、なんとexclamationかき揚げ丼だけで2900円exclamation×2「ひるめしだぜぇ〜。しかもどんぶりだけで2900円はちょっと高いんじゃないかいexclamation&question

 「10年以上前に来たときは大きくて食べきれなかった」という相棒の言葉を信じて、「一口あたりの単価が安ければいいか」と自分に言い聞かせてオーダーしました。

 二人で同じ物をたのむのも芸がないので、相棒のほうは「おすすめ天丼」を頼みました。こっちは1800円。どこがちがうかというと、大きさではなくて具が違います。

 かき揚げのほう(写真左)は「えびと小柱」、おすすめのほう(写真右)は「いか、えび、ほたて」。どちらも味噌汁と香の物がつきます。

ten2.jpg ten4.jpg
 天丼がテーブルに届くと「江戸天ぷら」特有のごま油のにおいが流れてきました。天ぷらもごま油を使うのでわりと濃い茶色に揚がります。

 で、肝心の天ぷらサイズですが・・・。

ten3.jpg ten5.jpg
 拡大したからといって別にサイズがわかるわけではないのですが、ま、普通の天ぷら盛り合わせに出てくるかき揚げよりは確かに大きいですが、相棒が言うような食べきれないというほどの大きさではありませんでした。

 では、味のほうはどうかといいますと・・・。

 天ぷらのほうはもちろん及第点なのですが、たれの味が私にはあっさりしすぎでした。あのくどいような、甘ったるいたれの味に慣れている私にとっては物足りない味でした。

 しかもむかっ(怒り)、ご飯にたれが染みてないちっ(怒った顔)。かき揚げ部分にたれがすべて吸い込まれていて、ご飯は真っ白のまま。

ten6.jpg これは好みの問題かもしれないけれど、私はどんぶりの底にたれがたまってしまうんじゃないかと思うほどたれの染みたご飯が好きなんです。

 それで、恐る恐る「たれを足したいんですけど、もらえますか?」と頼んでみたら、「は〜い」と快く持ってきてくれました。きっとそういう人が多いんじゃないでしょうか?でも、店によっては味に文句をつけられたと思っていやな顔するところがあるんですよね。

 値段の割には、ごくごく普通のかき揚げ丼でしたね。私の評価ではかき揚げ丼2000円、おすすめ天丼1200円というところでしょうか?

 それから、相棒のを味見したところ「おすすめ天丼」より値段は高いけれど「かき揚げ丼」のほうがお勧めです。「小柱の入っていないかき揚げなんて・・・」っていう感じでしたね。




ラベル:グルメ
posted by YABOO!JAPAN at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。