2010年12月03日

トーマスに客車を増結

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

 トーマスに客車を2両増結しました。

thom1.jpg

 増結後の写真ですが、何となく雪もよいの寒い北国で撮影したっていう雰囲気が出てると思いませんか?

 サンタランド鉄道には透明なアクリル製のフェンスが置いてあって、小さなお子さんが手を入れて脱線させないようにしてあります。そのフェンス越しに撮影したら偶然にもこんな写真になりました。なんか本物っぽいですよね。(自画自賛)

thom3.jpg もともとトーマスはアニーとクララベル、2両の客車とセットになって販売されていたのです。郵便車はパーシーとのセット販売でした。パーシーが過労で運転不能になったことはすでにお話ししましたね。

 それでトーマスに郵便車牽引の役目が回ってきたのですが、当初はトーマスには客車を牽かせたかったのです。

 ところが、オリジナル編成でサンタランド鉄道を走らせると脱線してしまうのです。当初私はレールの曲率半径が小さすぎるのかと思っていました。しかし実際はバッファー同士がぶつかって大きく曲がることができなかったのです。

 原因はわかりましたが、バッファーを外してしまうことに抵抗を感じて、アニーとクララベルはずっと箱の中でした。でも、2代目トーマスもセット販売でしたから、アニーとクララベルは2両ずつそろってしまいました。

 そこで1編成だけバッファーをとってみたら、案の定すいすい走れるようになりました。

 ということで、今年のサンタランド鉄道を彩る3編成の列車の長さ比べをしてみました。

train1.jpg

 やはりトーマスはこの鉄道の花形ですから一番長い列車編成でないとね。

 客車を外すとこんなになってしまいます。

train3.jpg


 ところで、ピッコロとチビロコの列車の長さですが、横からの撮影だと遠近法の関係でよくわかりませんね。そこで真上から撮影してみました。

train2.jpg

 ピッコロの列車が一番短いんですね。ピッコロはサンタランド鉄道の開通時からの勤続ですから、少しは楽をさせてやらないとね。

 ということで今年のサンタランド鉄道は客車3編成での運転となっております。

 しゅっぱぁつ、しんこう〜。

 あ、話は全然違いますが、発車のときに車掌さんが言う「出発進行」って、「さあ出発だ、進行しよう」っていう意味じゃないんですよ。

 ホームの先のほうにある出発信号を指さして「出発信号は進行許可のになっている」と指差し呼称してるんですよ。ご存じでした?




posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。