2010年12月10日

チビロコのパワーアップ

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

 チビロコをパワーアップしました。

 軽量列車のチビロコセットは軽量故にサンタランド鉄道の6%の勾配をあえぎあえぎやっとこさ登っていました。これではあまりにみっともないのでパワーアップすることにしました。

 強力モーターに付け替える?ダミーの機関車と客車をもっと軽量化する?

 No!

 モーター付きの客車をもう1両追加すればいいんです。そしてダミーの客車と入れ替えれば、これでパワーは2倍になります。でもどうやって?

 問題はそこなんですよ!チビロコはセット販売ですからモーター付き客車を1両だけ買うわけにいかないんです。買うとしたらもう1セット買わなければならないんです。これは無駄といえば無駄ですよねぇ。

 でも、快適運転をお子さん方に見ていただきたいという気持ちのほうが勝りました。しかもこのセット、1セットの値段が、機関車トーマス1両の値段より安いんです。

 ということで天賞堂でもう1セット買ってきましたので、下の写真のようにチビロコセットが2セットになりました。

mloco1.jpg

 手前が2両ともモーター付きになった強力チビロコセット、向こう側がモーターカーの全くないダミーだけのチビロコセットです。

 遠近法の関係で、強力チビロコのほうが大きく見えますが、強力になってサイズまで大きくなったわけではありません。真上から撮影するとちゃんと同じサイズです。

mloco2.jpg



minisl3.jpg

 強力チビロコは6%の勾配もなんのその、スイスイ快適に走るようになりましたとさ。メデタシ、メデタシ。




posted by YABOO!JAPAN at 09:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
素晴らしいレイアウトですね。

ところでチビロコ客車動力2倍化ですが、
もう一セット買わなくても「ポケットライン動力ユニット」
だけを買ってもう一つの客車につければ
無駄無くできましたよ。

http://www.katomodels.com/product/nmi/poke_power.shtml

という私も2セット持っています。
あまりにも出来が良くて予備として買いました。
いまのところミニレイアウトで走れる蒸気機関車は
これだけですね。
Posted by みっちん at 2010年12月11日 17:01
みっちんさん、コメントありがとうございます。

「動力ユニット」のこと、全く知りませんでした。ありがとうございます。教えていただいたURL覗いてみたら、¥1,575なんですね。約2.5倍出して1セット買ったほうがCPがいいかな?などとせこいことを考えてしまうのは、私が車両の修理や加工が下手なせいかもしれません。技術力がないんです。

でもこのセットはホントによくできてますよね。特にこのグリーンのが気に入ってます。もう一つは色合いがちょっとね。安っぽく見えちゃうんですよね。

おっしゃるとおりミニレイアウトで走れる車両を探すのに苦労しますね。特に私のレイアウトは勾配がきついので、小型=パワー不足で苦労しています。

それと、石膏だらけのシーナリーなので、すぐに通電不良を起こしてしまい、メンテナンスにも難渋しています。

でも毎日こども達が喜んでくれるが楽しみでセッセとレール磨きをやっています。

Posted by YABOO!JAPAN at 2010年12月12日 10:52
こんにちは。
チビロコについているバッファー4つは取れやすく失くしやすいので要注意です。
私はゴム系の透明ボンドで止めました。
 せっかく2セットあるわけですからカプラー加工交換で機関車重連や残りの客車を電装化してみるのも良いと思います。

カプラー取付方法↓
http://www5a.biglobe.ne.jp/~toyoyasu/m100802_2.htm
客車の分解方法↓
http://blogs.yahoo.co.jp/marutatekunkun/52998841.html

簡単な加工で出来ますよ。
レイアウトは大変緻密で丁寧に作られていることがわかります。
ですから大丈夫ですよ。

管理人さまは小児科のドクターでしたか。
私は以前 医療器械販売の会社に勤めていまして、
病院や開業医などを廻る仕事をしていました。
6年前に男性では珍しいSLEに患りまして今も自宅療養中の身です。
仕事をしたい意欲は強いものの不景気と体力が無いため再就職もままならない状態です。指先の感覚を取り戻すために鉄道模型をはじめた次第です。

医療機関はどこも大変でいつ過労死してもおかしくない深刻な事態の姿を
よく見ていました。
「子供たちの笑顔に囲まれることが唯一救いなのだ。」とおっしゃっていた
ドクターもおりました。
年末はとくに子供の患者さんが多いと聞きました。
お体を大切にがんばってください。
Posted by みっちん at 2010年12月12日 13:13
みっちんさん、いろいろとアドバイスありがとうございます。

どうも昔から車両の工作は苦手なんですよね。現在所有している車両もすべて完成品か人に頼んで作ってもらったキットばかりです。

それに60歳を過ぎますと年々無精になってなかなかファイトが湧きません。でも教えていただいたURLは大切に保存していつかやる気が出たら参考にさせていただきます。

お心遣いありがとうございます。みっちんさんもお体大切になさって、療養をお続けください。
Posted by YABOO!JAPAN at 2010年12月12日 15:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。