2010年12月31日

年越しそばは神田まつや

年越しそばは神田のまつやと決めています。と言っても去年からですが・・・。

食事の合間だからすいているだろうと思ったら大間違いで、午後4時半という中途半端な時間ながらもうこんなに行列ができていました。それでも行列は去年より短かったです。

soba01.jpg

その頃お近くの老舗そば屋「薮」の様子はどうだったかといいますと、ご覧のように似たり寄ったりでした。

soba02.jpg

待つこと約1時間、辺りはすっかり暗くなってしまいました。この店構えがいいんですよね。江戸の香りを今に伝える大晦日の年越しそばっていう雰囲気があふれかえっています。

soba03.jpg

soba04.jpg

そして店内へ。この店の中がまたいいのですが、超満員で人の顔を見せずに撮影することが出来ないので皆さんにその様子をご覧に入れることが出来ません。ま、とにかく江戸時代の大衆そば屋がそのまま再現されているとお考えください。

soba12.jpg

超立派な鏡餅だけご覧に入れます。

というわけで早速ご馳走のほうに移ります。

わざわざ神田淡路町まで足を運ぶわけですからそばだけ食べて帰るなんてもったいないことはしません。いろんなつまみを注文してしこたま飲んで最後にそばをちょろっと食べるというのが正しい(?)年越しそばの流儀です。今夜のつまみをずらっとご覧下さい。

soba05.jpg

例によって、気がついたときには箸をつけてしまっていました。毎度毎度ですが食い意地が張っていて食べ物を前にすると撮影のことなんかどこかに吹っ飛んでしまうんです。モノはトリワサとニシンの棒煮です。

soba06.jpg

続いて天種です。テンプラそばの具だけを食べるので天種といいます。

soba07.jpg

次はメニュー名は「わさびいも」といいますが、要は大和芋をすりおろしたものにわさびと青のりをかけて醤油につけて食べるものです。粘りが強くて箸でつまんで右下の醤油皿に持って行くことが出来ます。

soba08.jpg

さらに練りウニです。ゆず皮が載っています。甘くて美味しかったです。

soba09.jpg

十分出来上がったところで相棒が食べたのが天せいろそばです。

soba10.jpg

私の仕上げはごまそばです。普通のもりそばですが、左下のそばつゆがゴマだれです。

soba11.jpg

そしてそばつゆです。

これで今年も終わります。

皆さんどうぞ良いお年をお迎えください。





posted by YABOO!JAPAN at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。