2011年03月03日

将棋名人戦:森内九段が挑戦者に

shogismallnail.jpg 「将棋界の一番長い日」は今日未明、午前1時40分頃終わりました。最後まで対局していたのは、森内九段と久保二冠です。

 森内九段と6勝2敗で並んでいた渡辺竜王はすでに負けていて、森内九段はこの対局に勝てば名人戦の挑戦者になるという戦いでした。もちろん本人はそのことも知らずに必死で対局していたと思いますが・・・。

 両者1分将棋が延々と続く中、久保玉に必至がかかっている状況の下で、久保二冠の△8八飛車成りの王手を、175手目、森内九段が▲8八同玉と取った手を見て、久保九段が投了を告げ、16時間に及ぼうとする大激戦に終止符が打たれました。

 これで今期の名人戦は羽生対森内、永世名人同士の戦いとなりました。4月から次の日程で開催されます。楽しみですね。

schedule.jpg


 B級1組への降級者2名は、藤井九段と木村八段でした。替わってA級に昇級するのは佐藤康光九段と、3月11日に対局する屋敷九段と松尾七段の勝者ということになりました。

 激戦のあとはこちらのサイトから有料でご覧になることが出来ます。@niftyの会員は無料です。




posted by YABOO!JAPAN at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログプロ棋戦速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。