2011年09月05日

インフルエンザ予防接種

edogawa.gif

まだまだ残暑にうんざりの日々が続いていますが、そろそろインフルエンザ予防接種の季節が巡って参ります。昨年までは「新型インフルエンザ」と呼ばれていましたが、今年の3月31日をもって「新型インフルエンザ」という呼び名は消滅しました。季節性インフルエンザの一つとして位置づけられたのです。新しい呼び名は「H1N1-2009」です。

「新型インフルエンザ」に対しては、「新型インフルエンザ等対策ナンタラカンタラ事業」という名目で、予防接種の一部を江戸川区が負担していましたが、「新型」という言葉が消えてしまった今年からは予防接種に対する公費補助はなくなります。

全額自己負担です。


そこで気になる接種費用ですが、公費補助のある間は値段を区(国)のほうで決めていました。1回目が3600円、2回目が2550円です。そして補助がそれぞれ1500円ずつで、自己負担分は1回目2100円、2回目1050円となっていました。

今年からは各医療機関が原則として自由に値段を設定していいことになります。

こども診療所では昨年までと同じ値段を採用いたします。1回目が3600円、2回目が2550円です。

インフルエンザの予防接種は、ワクチンの接種量や接種間隔が一部変更になりました。それらを含めて、こども診療所でのインフルエンザ予防接種の詳細は別の記事でご案内いたします。


posted by YABOO!JAPAN at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカルニュース江戸川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。