2012年03月13日

ポールボキューズミュゼーのランチ

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

pb01.JPG3月11日の映画「ピアノマニア」を観たのははシネマート六本木というマニアックな映画ばかり上映する映画館でした。せっかく六本木まで行くのだからと、お昼は国立新美術館にあるポールボキューズで食べることにしました。ネットで見たら3月のメニューがとてもおいしそうだったからです。(小さな画像はクリックで拡大されます)

まずテーブルに就きます。グラスワインを注文してしばらく待つと、フランスパン、鶏肉のペーストカレー風味、オリーブオイルがワインと一緒に出てきます。ペーストとオリーブオイルをパンにつけて食べ、そしてワイングラスを傾ける。アンニュイな午後のひとときですなぁ。
pb02.JPG pb03.JPG

そしてマッシュルームのスープ(カプチーノ風)がベーコン風味の小エビのフリットと共に出てきます。カプチーノ風というのはスープが泡立っているからだと思います。このスープが一番おいしかったです。フリットは小エビにベーコンが巻いてあり、アツアツなのにエビはほとんど生という感じでなかなかいけました。
pb04.JPG pb05.JPG

そしてメインディッシュです。左が豚フィレ肉のパネリヨン風(ジャガイモのエクラゼとプール・ド・メートル・ドテルを添えて)、右は鴨フォアグラのソテーソース・ベルジュ(ジャガイモのゴーフレットと共に)です。フォアグラは1月18日から4月25日までの期間限定スペシャリテで、ランチメニューではありませんが、頼むと割増料金で替えてくれます。フォアグラは臭みが全くなくておいしかったですが、豚フィレのパネはちょっと固かったです。
pb06.JPG pb07.JPG

デザートはポールボキューズの定番、クリームブリュレです。
pb08.JPG pb09.JPG

クリームブリュレのお皿がこんなに汚れていました!なぁんてわけはありません。黒い一粒一粒がバニラシードです。こんなに沢山入れてあるにもかかわらずバニラの香りはそんなにきつくありませんでした。
pb10.JPG


コーヒーを飲み終わった頃に午後2時46分になりました。東日本大震災からちょうど1年たった瞬間です。館内放送の呼びかけで1分間の黙祷をしました。帰り道空を見上げると国立新美術館の国旗掲揚塔には半旗が翻っていました。
pb11.jpg



ラベル:グルメ
posted by YABOO!JAPAN at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。