2012年05月21日

ステージでオペレッタ「ウィンザーの陽気な女房たち」

ステージでオペレッタ第2弾は、「こうもり」からわずか1週間、同じ東京文化会館で同じウィーンフォルクスオーパの「ウィンザーの陽気な女房たち」です。

題名だけは昔から知っていましたが内容も何もわからず、とにかく有名なオペラなんだから観てみようということで行ってきました。

プロモーションビデオはこちらです。

あらすじは・・・(字が細かくて申し訳ありません)

wi_story03.jpg
wi_story04.jpg

この記事のタイトルは「オペレッタ」ですが、この文章の中では「オペラ」と書きました。ウィーンフォルクスオーパはオペレッタしか上演しないのかと思っていましたが、この「ウィンザーの陽気な女房たち」はオペラなんだそうです。オペラとオペレッタの違いは先週「こうもり」を見たあとで調べましたが、あの解釈では「ウィンザー・・・・」がなぜオペラなのかよくわかりませんでした。

確かに「こうもり」のように抱腹絶倒するような笑いはありませんでした。だからオペラ?
どうも納得がいきません。
原作がシェークスピアの「ファルスタッフ」というまじめな戯曲だから。だからオペラ?
そうなのかもしれません。
相棒が言うには「アリアが多かったからオペラなんだよ」。たしかに。だからオペラ?

オペラとオペレッタの違い、当分謎のまま残りそうですが、でも観て楽しけりゃいいんじゃないですか。

この日の「ウィンザー・・・・」。曲はわりと単調で感動するような曲ではありませんでしたが、オーケストラも歌手達もとても上手でいい音出してました。





posted by YABOO!JAPAN at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログエンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。