2012年05月19日

金環日食:撮影準備完了

いよいよ来週の月曜日(5月21日)は待ちに待った金環日食の日です。
金環日食を撮影すべく準備を進めてきましたが、
準備完了!
あとは当日を待つだけとなりました。

まずはカメラの準備です。

太陽を撮影するにはレンズに太陽フィルターを取り付けなければなりません。
私は準備が出遅れたためにどこのカメラ屋に行っても私のレンズに合うフィルターはすでに売り切れていました。私のレンズの口径は62mm。57mmと62mmというのが最も普及型のレンズ径なんだそうで、もうだいぶ前に売り切れ、次の入荷は日食の終わったあとだとのことでした。

そのとき残っていたのは口径82mm用のフィルターだけでした。

sun01.jpg

それではどうするかといいますと、ステップアップリングというのがあって、小さな口径のレンズにはめて口径を大きくすることができます。それでも、62mmを一気に82mmにするリングはなくて、まず62mmを77mmにするリング(写真の右側)をはめ、次に77mmを82mmにするリング(写真中央)をはめ、そのリングに口径82mmの太陽フィルター(写真左側)をはめ込みます。

思わぬ出費でしたふらふらあせあせ(飛び散る汗)

sun02.jpg
太陽フィルターを装着した私のカメラです。レンズの右にある細長い箱のようなものはカメラぶれを防ぐためにシャッターを押さなくても撮影できるようにするレリーズというものです。

sun03.jpg
ズームで200mmの望遠になります。

これを三脚に取り付けます。
sun05.jpg
なんかすっごくプロっぽいですねぇ。

そして今朝、日食と同じ時間にリハーサルを行いました。
空には雲一つないピーカンの快晴晴れ晴れ晴れ。リハーサルにはもったいないようないいお天気でした。この太陽をあさっても頂戴exclamation×2頂戴exclamation×2頂戴exclamation×2

いろんなガイドブックには、「太陽の撮影はマニュアルで!」と書いてあります。ものぐさな私はフルオートで撮影できないかどうかと考えてリハーサルを行うことにしたのです。失敗は許されませんからね。

それと日食当日の太陽の方角と高度を知っておく目的もありました。
sun06.jpgsun07.jpg
まず東の窓を開け放ちカメラを空に向けます。

sun09.jpg
sun08.jpg
そして用意した太陽観察用のサングラスをかけて太陽の方角と高度を合わせます。
太陽の光を反射しているのは新中川。対岸に瑞江小学校の校舎と、遠くに瑞江のゴミ焼却場の煙突が見えます。右下は瑞江大橋の西詰めです。だいたいこの方角に見えます。

果たしてフルオートでの撮影は・・・?
sun10.jpg
大成功でしたぁわーい(嬉しい顔)
でも200mmの望遠レンズではこれが限界なんでしょうね。

ちなみに、スカイツリー食の撮影はフィルターなしのフルオートでした。薄雲に隠れた夕日でしたからね。

さあexclamation×2あとは当日の好天を祈るばかり晴れ
でもこれだけはねぇ。神様お願いexclamation×2です。





posted by YABOO!JAPAN at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。