2012年05月22日

2週間の動き

mizueyubisashi.jpg 「江戸川区感染症定点観測」(区内31か所の定点指定医療機関での患者発生数報告)の5月7日から5月13日までの集計結果ですが、先週飛ばしてしまった4月30日から5月6日まで(ゴールデンウィーク期間)の感染症の動きと合わせてお知らせします。

 5月7日から5月13日までの1週間だけですと、その前の週報告数が2桁以上だった5疾患、感染性胃腸炎溶連菌感染症インフルエンザ突発性発疹水痘はすべて増加しています。さらにプール熱も増加しています。

 しかし、ゴールデンウィーク中の推移を加味しますと、感染性胃腸炎は151例減って56例増加、溶連菌感染症は34例減って19例増加、インフルエンザは29例減って4例増加、突発性発疹は10例減って5例増加、水痘は2例減って9例増加というように、実質増えているのは水痘だけでした。プール熱もかなり増えていますが、5例減って9例増加ですから急増ともいえません。それでも報告数は2桁に到達しましたから、夏に向かうこれからの動きに要注意でしょう。

 今週報告数2桁以上の疾患はプール熱が新たに加わりましたが、インフルエンザがついに1桁台に後退したため、先週と同じ5疾患でした。順位は下記の通りです。順位のあとの《 》内の数字は前週の順位、数字0は前週の報告数が1桁だった疾患です。

第1位《1》感染性胃腸炎↓↓(報告数197)
第2位《2》溶連菌感染症↓↓(報告数41)
第3位《4》水痘(報告数22)
第4位《4》突発性発疹(報告数10)
第5位《0》プール熱(報告数10)

(矢印は前々週の報告数との比較で矢印1つが1桁を表しています/報告数というのは指定医療機関だけの集計で江戸川区全体の医療機関からの報告数ではありません)

 定期予防接種の対象となっている疾患としては、2週連続で麻疹風疹百日咳すべて報告数ゼロでした。




posted by YABOO!JAPAN at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな病気がはやってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。