2012年06月05日

ふぐだけじゃない「鍋家」

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

毎年1回だけふぐ料理を食べに行く上野(住所は文京区湯島)の鍋家のことは3月に紹介しましたが、鍋家は別にふぐ料理の店ではありません。その名の通り鍋料理が主流で(といってもこの店でふぐちり以外食べたことがないのですが)、他にもいろんなメニューがあり、そのどれもがおいしいのです。

nab1.jpg

というわけで先週の土曜日、東京文化会館でバレエを観た帰りに立ち寄ってみました。

店のカウンターに文京区の名店百選に選ばれた認定書が、店の正面のイラスト入りで置いてありました。3月に来たときには確かなかったと思います。

nab10.jpg この名店百選を選んだ選考委員長が、左のイラストの岸 朝子、「おいしゅうございます」のオバサンだそうです。この店まで食べに来たんでしょうかね。そして「おいしゅうございました」とか言って帰って行ったんでしょうかね。

この夜の食のあとです。

nab2.jpg nab3.jpg
枝豆ともずく

nab4.jpg nab5.jpg
ネギぬたと刺身三点盛

nab6.jpg nab7.jpg
万願寺唐辛子とマコガレイの塩焼き

nab8.jpg nab9.jpg
カニサラダと仕上げの稲庭うどん

さてここでクエスチョンです。この8品のうち、お箸も手も口もつけずに撮影したのはどれとどれでしょう?
ヒント:画像をクリックして拡大すればすぐわかります。



正解はもずくと万願寺唐辛子の2品だけでした。相変わらず食い意地の張った私でした。飲み喰いを始めると撮影のことなんか忘れてしまうんですよ。





posted by YABOO!JAPAN at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。