2012年06月15日

「テルマエ・ロマエ」観てきました

tr4.jpg相棒が観に行こうというので、コミックとして超人気(らしい)、アニメ化もされている(らしい)「テルマエ・ロマエ」の実写版を観てきました。

古代ローマのお風呂の設計技師ルシウス(阿部 寛)が現代日本の銭湯にタイムスリップし、日本の風呂文化を再びタイムスリップして古代ローマへ持ち帰るという、しかも行ったり来たりしちゃうという時空を超えた奇想天外、荒唐無稽の銭湯大スペクタクルです。戦闘シーンもあります。オヤジギャグです。

ホントは銭湯だけでなく、家庭風呂や温泉や湯治場など、日本の様々な風呂文化が出てくるのですが、このギャグが使いたくて「銭湯スペクタクル」と表現しました。

「テルマエ・ロマエ」関連のサイトには必ず出てくる原作コミックのタイムスリップシーンです。
tr3.jpg

もちろん実写版にも出てきます。その様子は予告編(ここクリック)でご覧になれます。

出演者の顔ぶれです。
tr2.jpg

映画の中で日本人は「平たい顔族」とローマ人に呼ばれます。ローマ人の役も主要なところは日本人が演じますが、こちらは彫りの深いマスクの俳優が起用されていてそれっぽい雰囲気を出しています。対して日本人のほうはよくまあこれだけ顔の平たい俳優を集めたもんだと思います。最近の日本人はけっこう彫りの深い人が多くなっていますからやはり年寄りの俳優が多いですよね。でも、上戸 彩なんて若い割には横綱級ですもんね。

内容はというと、前半のタイムスリップ連続編は「さすがフジテレビ!」と感動するほど下らなく面白くて場内大爆笑でした。私も大声出して笑っていました。でも後半の阿部 寛と上戸 彩のラブストーリーになってからは陳腐な展開になってしまって「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ」って感じでした。

阿部 寛があの顔でコミカルな演技をするから面白いんで、真顔でラブストーリーを演じたって面白くも何ともありませんでした。

tr1.jpg場内も静かなものでした。
どうせなら最後までフジテレビらしく下らなく面白く行ってほしかったと思います。


あなたも銭湯いかがですか?
ルシウスが誘ってますよ。
のれんの向こうは
古代ローマかも・・・





posted by YABOO!JAPAN at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログエンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。