2012年07月31日

スカイツリーを見ながら食事

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 本日のグルメ情報は東京スカイツリーからお送りします。まずは正面玄関(のひさし)です。
kun01.jpg

 玄関のちょっと上(左)と、そのまた上、てっぺんを望んだところ(右)です。
kun02.jpg kun03.jpg

 なんせ真下にいますから第1展望台の陰になっててっぺんを見ることはできません。

 初めてスカイツリーのそばまで行ったものですからついつい見とれてしまいました。でもグルメのほうはツリーのとなりの東京ソラマチ、イーストタワーの最上階31階にある「國見」という和食の店です。

 6月に母の卆寿の祝宴(6月19日に掲載)を開いた宇都宮の「月山」と同系列のお店だそうです。

 こども診療所がお世話になっている税理士さんご夫妻のお招きで、スカイツリーがすぐ目の前に見える特等席での会食となりました。

 開宴は夕暮れ時、はるかに隅田川と言問橋を眺め、目の前には夕映えの中のスカイツリーをシルエットで眺めながら会食がスタートしました。

kun04.jpg

 まずは蓮の葉を形取った器に盛られた付け出しです。何種類かの具が入っていて中身は忘れましたが、胡麻だれの味がとてもおいしかったです。
kun05.jpg

 次はハモと湯葉のしゃぶしゃぶです。
kun06.jpg

 鍋のお湯が沸いたらハモを10秒ほど湯につけ、
kun07.jpg

 たれにつけて食べます。
kun08.jpg

 ハモを食べたら、湯葉と野菜(水菜とタマネギでした)を一緒に鍋に入れ、軽く火を通して同じたれで食べます。
kun09.jpg

 次は本物の蓮の葉に載って出てきたお造りです。
kun16.jpg

 と、料理もはずみ、話もはずみ、酒もはずんだ頃、スカイツリーが点灯されました。なんせ目の前ですからね。きれいでしたよぉぴかぴか(新しい)
kun10.jpg

 そして料理はまだまだ続きます。

 おつまみ5種ですが、なんと1種類ずつホオズキの実の中に入れられています。
kun11.jpg

 アワビのステーキ満願寺唐辛子添えです。醤油バターの味とアワビの味がマッチしてえもいわれぬおいしさでした。
kun12.jpg

 厚揚げとナメコのおひたし風の一皿です。
kun13.jpg

 仕上げはにぎり寿司です。この一皿が二人前です。お吸い物のお椀もついていましたが、お寿司に目を奪われて撮影を忘れました。下の方に半分ほど写っています。
kun14.jpg

 そしてデザートです。例によってメロンを食べ終わったところで撮影がまだだったことに気づきました。
kun17.jpg

 最後にとっておきの動画をご覧下さい。スカイツリーのすぐとなり、31階の高さだから撮影できる「スカイツリーの全景」です。フルスクリーンにもなります。


 いやいやいやいや、もうなんとも言えませんな。満足の極みとでも言えばいいのでしょうか!

 と言いつつ、「来年でも再来年でもいつでもいいですから、隅田川の花火大会の夜に同じ席で食事ができたら最高ですね!」と図々しくお願いしている私でした。





posted by YABOO!JAPAN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。