2012年07月28日

山寺詣で

 平泉をあとに仙台経由で作並温泉に1泊し、山寺にやってきました。

yam01.jpg yam02.jpg yam03.jpg

 山寺駅の展望台から眺めた山寺の全景です。険しい山々のあちこちにお堂が建てられています。山頂の奥の院までは千段近い石段を登らなければならないんだそうです。
yam04.jpg

 立石寺根本中堂からお参り開始です。前日の平泉では雨が降ったりやんだりでそんなに暑くなかったのですが、この日はカンカン照りの猛暑日。はたして奥の院まで体力が持つのやら・・・。
yam05.jpg

 こんな石段をエッチラオッチラ登り続けます。途中「709・710・711・・・」と数えながら登っていくこどもたちに追い抜かれました。「まだそんなに残ってるのかよぉ〜〜」という思いでこどもたちの後ろ姿を眺めていました。
yam06.jpg yam07.jpg

 行けども行けども、登れども登れども奥の院は遠く、登り始めたときは夏だったのに、途中で秋の紅葉の季節を迎えてしまいました。
yam08.jpg
 そんなわけはありません。もともと葉の赤いモミジ(カエデ?)の一種です。

 途中の展望台から下界を眺めた写真です。「こんなに登ったのぉ?!」って感じでしたね。でも、奥の院まではまだ登らなければならないんです。
yam09.jpg

 やったぁーexclamation×2ついに奥の院到着です。もちろん残る階段も昇って本殿にお参りしました。
yam10.jpg

 山頂を吹き抜ける風が汗ばんだ顔に気持ちよかった・・・と書きたいところですが、当日は風もないピーカンの天気で、流れるような汗を拭き続け、持って行ったタオルはすっかり濡れてしまいました。

 下山したなら酒盛りです。違った。昼食です。

 昼食はJR仙山線をはさんで山寺の反対側にある「風雅の国」という広大な文化施設の中の「馳走舎」というレストランです。
yam11.jpg

 このレストランからは、今さっきお参りしてきた山寺を一望することができます。最高のロケーションですね。クリックで拡大するとお堂などがよく見えます。
yam12.jpg

 まずはビールです。付け出しは玉こんにゃくです。
yam13.jpg

 メニューはそんなに多くありません。私たちが選んだナントカ御膳(だったかな?)です。
yam15.jpg

 このレストランには瀬戸内寂聴さんが命名したという冷酒が置いてありました。「月」という字の左下に「寂聴」とありますね。
yam16.jpg

 ペアで「日」という銘柄もあります。
yam17.jpg

 とまあ、こんな具合で2泊3日、岩手・宮城・山形の3県を駆け抜けた東北の旅も無事終了いたしました。帰路は山寺から山形に出て、山形新幹線で東京に戻ってきました。




posted by YABOO!JAPAN at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。