2012年08月03日

鉄道模型ショウ2012@松屋銀座

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

今年も恒例の鉄道模型ショウが8月1日から6日まで銀座の松屋デパート8階の特設会場で開かれています。昨日は木曜日、午後休診なので、お昼ご飯もそこそこに銀座に行って参りました。

tms01.jpg

主催が日本Nゲージ鉄道模型工業界、協力が東京メトロということで、入場券の写真はNゲージの東京メトロの車両ばかりです。会場内もスペースの3分の1は東京メトロ関係の展示で占められ、地下鉄にまったく興味のない私にはちょっと物足りない感じの今年のショウでした。

それに最近私はZゲージのほうに傾きかけていて、今までのように「何か掘り出し物はないか?」というぎらついた気持ちがなかったせいもあって、昨日は一通り見て回りましたという程度のショウ見物でした。

それでも恒例の大レイアウトはやはり圧巻でした。
tms02.jpg

tms03.jpg

上の2つの写真がKATOのレイアウト、下の2つの写真がTOMIXのレイアウトです。一辺が10m、全周40mの大パノラマです。

tms04.jpg

tms05.jpg

これぐらい大きなレイアウトだったら下の動画(画像はまったく悪いですが)のように、「のぞみ」でも「はやぶさ」でも実際の新幹線同様のフル編成で高速で走らせることができますが、一般家庭ではとても無理というものです。



そこで最近メーカーが目をつけたのが、小さなレイアウトでも走らせることのできる市電や都電といったシティートラムです。
tms06.jpg

あるいは、TOMIXで売り出しているBトレインショーティーです。
tms07.jpg

京浜急行の赤い電車を寸詰まりにしたものです。こんな風に走るわけですが、どう見てもおもちゃですよね。ま、おもちゃには違いないのですが・・・。


上の2つのレイアウトはDDFというレイアウト制作専門会社の作品です。

でも、収穫もありました。今年の8月中に河合商会から発売になる予定の3軸のミニディーゼル機関車です。
tms08.jpg

わりと精密にできていますし・・・
tms09.jpg

日本の風景でも、西洋の風景の中でも走らせられそうなスタイルだと思います。
tms10.jpg

今年のクリスマスにはサンタランド鉄道でお目にかかれると思います。

サンタランド鉄道というのは毎年クリスマス期間だけこども診療所の待合室に展示しているNゲージのレイアウトで、サイズは50cm×110cmです。小型レイアウトなので大きな車両や長編成の列車を走らせることはできませんが、小さな機関車が活躍するサンタの国の鉄道です。トーマスやパーシーも走っています。

このブログでも何度も紹介していますので、「ヤブログ鉄道模型入門」のカテゴリーの古い記事の中から探してみて下さい。





posted by YABOO!JAPAN at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。