2013年03月29日

3ワクチンの定期化=無料化

edogawa.gif


子宮頸癌ワクチン・ヒブワクチン・小児肺炎球菌ワクチン

この3種のワクチンを4月1日から定期接種にする法案(予防接種法改正案)が今日やっと参議院で可決され、法律として成立しました。
したがって4月1日以降、この3種のワクチンは任意接種から定期接種へと変更になります。
皆さんに一番関係深いのは無料化になることでしょうが、それ以外にも予防接種による健康被害への補償制度が任意接種の時よりも手厚くなるなど、定期接種になることによって接種を受ける方の利益がより保護されることになります。

江戸川区における中学生への子宮頸癌ワクチン接種は、費用に関してはもともと全額補助でしたから、金額的には変化ありませんが、今まで中学生の間に接種しなければいけなかったのが、「高校1年生に相当する年齢」まで受けられるようになりました。来年(平成26年)の4月以降もそのままになるかどうかはまだわかりませんが、少なくとも今春中学校を卒業した女のお子さんは接種を受ける機会が1年間延長されたとお考えください。

なお、20歳の女性の方への接種は4月1日以降も任意接種です。江戸川区が半額を補助し、自己負担は8000円で今までどおりです。そして江戸川区が発行した接種票は江戸川区以外では使用できません


接種票をどうするか?

この点については、ぎりぎりまで法律が成立しなかったために、4月1日から新しい接種票を用意する時間が全くありませんでしたから、現在お手元にある接種票がそのまま使えます

また、今まではこの3種のワクチンの接種票は江戸川区以外の医療機関では使えませんでしたが、4月1日以降は都内23区すべての医療機関で使うことができます。23区以外では使用できません。

区の広報にも「予定」という形で掲載され、皆さんやきもきなさったと思いますが、やっと「予定通り」実施されることになりました。





posted by YABOO!JAPAN at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカルニュース江戸川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。