2013年05月03日

Zゲージの掘り出し物?

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

メルクリンの貨車を購入(落札)したヤフオク(旧ヤフーオークション)には、もちろん国産の車両も出品されています。

その中ですごい掘り出し物を見つけました。

JRの特急電車「白山」の7両編成がセットでなんと2000円!!!
「ちょっと安すぎるかな?」と思いました。
ネットオークションでは実物を確かめることが出来ませんから時々ジャンク品をつかまされることがあるそうです。買ったはいいけど走らないなんてこともあるかもしれません。

でもこの電車の色彩がJRっぽくないのが気に入ったし、「走らなかったら飾り物として眺めてもいいかな」などと考えて入札してみました。そしたらなんと無競争で落札してしまったのです。ますます心配になってきました。でも落札したら購入しなければなりません。品物が届くまではドキドキハラハラものでした。

そして届いたのが下の写真のセットです。見た目はすごくきれいでした。
cheap01.jpg

レールに載せるとこんな感じになります。
cheap02.jpg

真横から撮影すると全景を入れるのに距離が必要で何が何だかわかりません。

そこで斜めから撮ってみたら何とか1両ずつは区別がつきますね。
cheap03.jpg

先頭車だけアップにしました。見慣れたJRデザインですね。
cheap04.jpg


早速走らせてみました。7両編成ですが、モーターが付いているのは前から2両目のパンタグラフが付いている車両1両だけです。ですから試験走行はこの1両だけで行いました。こいつさえ動いてくれれば列車全体が自力で走れるのですから当然です。
cheap05.jpg

スイッチオン!

動きましたわーい(嬉しい顔)ほっひらめき

次にどうしたって7両編成で走らせたくなりますよね。

ところがここで大問題。

今までの写真は7両編成になっているように見えますが、実は撮影用にレール上に並べただけでそれぞれの車両は連結されていないのです。

どぉ〜して?

理由は連結器(カプラー)にありました。

カプラーのことは先々週ご紹介しました。現在日本での標準カプラーはアーノルドカプラーなんです。ところがこの列車のカプラーは「ナックルカプラー」というまた別の種類のカプラー(下の写真)だったのです。ナックルというのは「わしづかみ」という意味です。形がそれを連想させますね。
cheap06.jpg

この車両セット、未使用品ということでしたが、発売ははるか昔のこと。当時はまだ日本ではカプラーの標準規格というものがなかったので、ナックルカプラーが装備されていたんですね。

私が所有しているNゲージの車両の中にもナックルカプラーのついた車両がありました。ナックルカプラーというのは連結させるのが簡単ではないんです。その点メルクリンカプラーは超簡単です。レールの上でコツンとぶつかった程度でもしっかりと連結が出来てしまいます。アーノルドカプラーももうちょっと強い衝撃で連結出来ます。ナックルカプラーは2つの車両を手で押さえて押しつけないと連結出来ません。

「それでいいじゃん」と思われるでしょう。確かにそれで連結出来れば手で押さえるくらいどおってことありません。ところがこのセットのカプラーは、多分小さなカーブでも融通を利かせるためだと思いますが、グラグラグラグラ動いてしまうのです。

カプラーとカプラーを向き合わせて両手で2つの車両を近づけ、いざ連結となると、カプラー同士が触れあったとたん双方がぷいっとそっぽを向いてしまうのです。ですから、片方の車両を少し持ち上げて上からはめ込むようにしないと連結出来ないのです。ところが連結出来る程度に車両を持ち上げると車輪が浮いてしまい、下に下ろすと車輪が脱線しているという始末です。

失敗を繰り返しながら慎重に慎重に連結作業を続け、7両すべてを連結させるのに30分ぐらいかかってしまいました。

毎回これをやるのかと思うと、果たしてこの車両セットはお買い得の掘り出し物だったのかと疑問になってしまいます。

でも7両編成の特急列車が幅90センチ、奥行き45センチの小さな楕円形のレールの上を走る様は爽快でした。この小さなスペースで長編成の列車を走らせることは、Nゲージでも出来ないことはありませんが、かなり厳しいと思います。

Zゲージに切り替えて良かったと思えるひとときでした。感動のあまり(?)走行中の写真を撮るのを忘れてしまいました。

やっぱり掘り出し物だったんでしょうね。






posted by YABOO!JAPAN at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。