2013年06月07日

Zゲージ:複線化して再登場

zz2.jpg5月中五月人形に場所を譲っていたZゲージですが、6月に入って再登場しました。しかも複線になって。

複線とはいっても交互の交通はなく2つの楕円レールが二重に置いてあるだけです。

走っている列車は…?

外側のレールには掘り出し物のJR特急電車「白山」7両編成。ナックルカプラーのわずらわしさも「慣れてしまえばなんとやら」で、30分もかかっていたのが今では10分以内で連結できるようになりました。でも一度脱線すると診察時間中は元へ戻す時間がないかもしれないので、モーターカー(動力車)が前から2番目になる方向への運転のみにしています。後ろから長編成の車両を押す形だと脱線しやすいんですよ。

内側のレールにはロクハン製のDD51ユーロカラー牽引するところのメルクリン貨車10両。5月中に何両か買い足しました。さすがに10両の貨物列車となるとさしものDD51も自力ではスタートできないことがありますが、走り出してしまえば快調そのものです。

zz1.jpg

長編成の列車が2編成疾走する様子は見ていて壮観です。小さな車両がちょこまかと走り回るのもかわいいものですが、やはり鉄道模型は長編成ですね。スペースが限られているのでNゲージ時代は小さな車両しか走らせられませんでしたからね。

zz2.jpg

今週の月曜日から運転を始めていますが、患者さんが途切れた時など(ほとんど途切れてますけど)ついつい見惚れてしまいます。Zゲージに転向してホントによかったとしみじみ思いながら・・・。





posted by YABOO!JAPAN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。