2013年06月28日

スカイツリートレインに乗りました

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

6月23日(日)、日光にクリンソウの花を見に行きました。その帰り、東武日光駅から「スカイツリートレイン」に乗りました。

今週は常点灯機能の謎に迫る予定でしたが、その後新たな問題が発生してしまったため、私の推理では説明がつかなくなってしまいました。それで急遽スカイツリートレインの話に切り替えさせていただきました。

東武日光駅に停車中の浅草行き「スカイツリートレイン」です。

stt01.jpg

stt02.jpg

stt03.jpg


「スカイツリートレイン」のエンブレムです。「634型」と書いてありますが、ただ単にスカイツリーの高さに合わせただけの数字です。詳しいことはまたあとで。

stt04.jpg


車体にはスカイツリーが描かれています。

stt06.jpg


室内はこんな風になっていて、片側は窓のほうを向いて座り、外の景色がよく見えるようになっています。

stt07.jpg

stt08.jpg


車内にはこんなコーナーもあって、「そらからちゃん」が見下ろす中で食事をしたりできます。

stt09.jpg


モニターでは東武沿線の観光地を宣伝しています。この画像は「蔵の街とちぎ」(私の生まれ故郷)の、しかも私の生家の前を流れる川での遊覧船の様子です。

stt10.jpg


私の生家をご紹介します。右の遠くの方に4階建ての白いビルが見えますね。そのビルのすぐ左に黒っぽく橋が写っていて、その橋の右側に2・3本の木(柳の木なんですけど)が植えてあって、その木のすき間に白っぽい塀が見えます。この塀に囲まれているのが私の生家です。

stt11.jpg

ま、私の生家の話はどうでもいいので、またスカイツリートレインの話に戻ります。

stt12.jpg

スカイツリートレインのベースになっているのは6050系という上の写真の電車です。東武日光線の快速(無料)電車として日光や鬼怒川、さらに会津のほうにまで乗客を運んでいました。私も実家に戻るときなどに利用したことがあります。

この6050系というのはすでに引退した6000系電車を1985年と1986年の2年間で改造したもので、下の写真が6000系です。1964年から運行され、その頃私は高校生、そして東武鉄道の電車は野暮ったいので有名でした。

stt13.jpg

模型ですが6000系と6050系です。

stt14.jpg

6000系から6050系への改造のときは、構造的なものや足回りなど本格的な改造でしたが、6050系から634型への改造は車体のみの改造です。ですから「系」という言葉を使わずに「型」としたのでしょうね。

クリンソウの花も見事でしたが、こちらは写真の整理がまだ終わっていません。整理が終わり次第掲載します。
でもその写真を見て、日光へ行きたくなっても行けるのは来年です。多分記事を掲載する頃には花の見頃は終わっているでしょうから・・・。




posted by YABOO!JAPAN at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。