2013年07月19日

Zゲージ:コンバージョンジョイナー

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

「ああ悩んじゃうなぁ」と言いつつ、ヤフオクでメルクリンのレールを探していた私の脳裏でひらめいたものがありました。ロクハンからコンバージョンジョイナーという製品が発売されていたのを思い出したのです。。

ro4.png

使い方はこちら

「他社製道床なしレール」というのはほぼ100%メルクリンのレールのことです。使い方ビデオで使われているのもまぎれもなくメルクリンのレールです。

ということは・・・・・

メルクリンのフィーダーレール(電源供給用レール)とロクハンのレールをこのコンバージョンジョイナーでつなげば、メルクリンの電源装置を使ってロクハンのレールの上をメルクリンの車両が走るということも可能になるはずです。メルクリンのレールを買い足す必要がなくなります。さらに、スターターセットの小さな楕円形だけでなく、ロクハンのレールを使って色々なレイアウトを考えることも可能になるはずです。アッタマイイ〜!

ということで、東京でのロクハン製品購入先である天賞堂で買い求めてきました。

me1.jpg

上の写真はオリジナルのスターターセットです。

これにロクハンの220mm直線レールを入れてみたのが下の写真です。まだつないではありませんが、オリジナルのレールセットより鉄道模型を走らせるという雰囲気になりました。

rokulin01.jpg

ロクハンのレールの連結部はこんなふうになっています。

rokulin02.jpg

そこにコンバージョンジョイナーをつけます。

rokulin03.jpg

そしてメルクリンのレールと接続します。

rokulin04.jpg

メルクリンのレールには道床がついていないので、レールが宙に浮いてしまいます。

rokulin05.jpg

一応厚紙を敷いてレールが振動するのを防ぎました。

rokulin06.jpg

そしてメルクリンのレールとロクハンのレールをつないでできたのが下の写真のオーバルサーキットです。

rokulin07.jpg

まずメルクリンの動力車を走らせてみました。

rokulin08.jpg

ノープロブレムexclamation

rokulin09.jpg

次に特急「白山」の動力車を走らせてみました。
これもノープロブレムexclamation

そして最後に問題のロクハンの動力車です。

rokulin10.jpg

な・な・なんと、これまたノープロブレムexclamation

すべて順調手(チョキ)わーい(嬉しい顔)よかった、よかった。

コンバージョンジョイナーのご紹介でした。






posted by YABOO!JAPAN at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になりました!ありがとうございます!
Posted by まさはん at 2013年09月09日 20:13
Zゲージ初心者ですので、試行錯誤の連続です。

メルクリン一本槍にしてしまえばもう少し簡単にできるのかもしれませんが、どうしても「ロクハン」にこだわってしまいます。

私のような初心者のやっていることがお役に立つなんて信じられませんが、とても嬉しいです。

ありがとうございました。
Posted by YABOO!JAPAN at 2013年09月09日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。