2013年07月22日

手足口病大流行

dav.jpg曜日は医学講座の日。なぜなら人間のからだを示す漢字には(肉づき)のつくものが多いから。

脳・肺・肝・腎・腕・脚・腰・腹・骨・・・・・。
あなたはいくつ書けますか?




さて今日は手足口病についてのお話しです。

「こんな病気がはやってます」でもお伝えしたように江戸川区ではこのところ手足口病が急増しています。
こども診療所でも、熱のあるお子さんあるいは2〜3日前に熱が出たというお子さんは必ず手のひらや足の裏を見るようにしています。そうするとかなりの確率で手足口病が見つかります。

まずこちらをクリックしてみてください。先週の金曜日に東京都健康安全研究センターから都民向けに発表された感染症ひとくち情報(手足口病情報)です。

左の折れ線グラフを見ると、赤い線が急速に上昇しているのがわかります。紺色の線は一昨年の流行状況を示していますが、これを遙かに上回りそうな勢いです。

手足口病患者の約9割は6歳以下の小児、このうち2/3が2歳以下とも書いてあります。(右の円グラフ)

ということは、今年流行している手足口病のウイルスはこの数年は流行したことのない型のウイルスだということが推測できます。つまり、5〜6歳未満の子はそのウイルスに出会ったことのない子が多いから免疫がない、小さい子ほど免疫がない、ということなのです。


《手足口病を起こすウイルス》

手足口病の原因となるウイルスは一種類ではありません。ですから、一度かかっても、違うウイルスが流行するとまたかかってしまうのです。毎年かかってしまうお子さんや、運の悪いお子さんの場合には同じ年(主に夏)に2回もかかってしまうことがあります。

日本では今までコクサッキーという種類のウイルスによる流行が多く、このウイルスで起こる手足口病は比較的軽症です。ですから、色々な情報を見るとたいてい「一般的に軽症で重症化することはまれ」と書いてあります。確かに手足口病はたいした病気ではありませんでした。

ところが、東南アジアではエンテロウイルス71(EV71)という型のウイルスによる手足口病が多く、急性脳炎や心筋炎を合併して死亡する例もまれではありませんでした。東南アジアの手足口病は怖い病気なのです。ですから、中国では最近EV71に対するワクチンの開発に成功したというニュースが流れたほどです。

今年手足口病にかかったお子さんの中には39度以上の高熱を出しているケースもかなり見られますので、このEV71の流行が日本でも見られるようになったのかもしれません。幸い今のところこども診療所では脳炎や心筋炎といった重篤な合併症は見られていませんが警戒が必要と思われます。


《感染経路と治療》

手足口病を起こすウイルスはエンテロウイルスという仲間のウイルスです。ちょっとややこしいのですが、エンテロウイルスという仲間の名前のウイルス群の中に、エンテロウイルスという個人の名前を持ったウイルスがいるのです。

今まで日本で広く流行していたコクサッキーウイルスというのはエンテロウイルスの群の中のコクサッキーウイルスという個人名のウイルスです。

エンテロというのは「小腸」のことで、腸の中を好むウイルスというような意味合いです。

ですから感染経路としては、いわゆる風邪ウイルスのように咳やくしゃみなどによる飛沫感染の他に、排泄物に触れた手などから口の中に入ってしまう経口感染とがあります。排泄物の処理にも気をつけなければなりません。

ほとんどのウイルスと同じようにエンテロウイルスに対する特効薬というのはありません。軽症の場合にはクスリなしでも問題ありませんが、高熱が出たり発疹を痛がったりするような場合には症状を和らげるクスリを使って回復を待つしかありません。


《脱水に注意!》

熱がないか、あっても微熱程度の軽症の手足口病でも、口内炎が痛くて固形物を食べることができなくなることがあります。痛みがひどいと水さえも飲めなくなることがあり、脱水を起こしてしまうこともあります。お子さんが大好きな飲み物を少量ずつでも飲ませてみて脱水を予防することも大切な治療です。

お子さんは大好きな食べ物や飲み物だと多少痛くても我慢して食べたり飲んだりすることがありますから、とにかく食べられるもの、飲めるものを探してトライしてみましょう。


《手足口病に関するその他の情報》

ちょっと専門的なサイト:ウィキペディア国立感染症研究所日本医師会
一般的なサイト:gooベビーYahoo!ヘルスケアこぐま保育園





posted by YABOO!JAPAN at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所医学講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。